浦和レッズに舞い戻った元背番号10。「最高の熱量で接しています」と育成現場で奮闘中!

カテゴリ:Jリーグ

河野 正

2020年10月07日

“第2の福永泰”を育て上げる日が待ち遠しい

大学とJクラブの指導歴は豊富だが、U-18世代と接するのは初めてだ。写真:河野正

画像を見る

今季はプレミアリーグ関東を戦う浦和ユース。第4節を終えて暫定3位につける。写真:河野正

画像を見る

 89年度の第68回全国高校選手権に初出場した桐蔭学園高校(神奈川)はモダンな戦術でベスト8入りし、2年生の福永さんは得点も決めた。「サッカーの指導を受けたという感覚が一番強かったのが高校時代で、多くのものを吸収して成長できた。あの3年間はものすごくインパクトがあった」と振り返る。

 今度はその高校生を教える責任の重い立場に回った。選手には次のカテゴリーはトップチーム、プロだと唱え続けている。「その自覚と覚悟を持っていてほしい。僕ら指導陣は世界で活躍できる選手を育てようという覚悟を決め、最高の熱量で接しています」ときっぱり言った。

 福永さんが青学大2、3年時の監督というのが、昨季まで浦和レッズのGMだった中村修三さんだ。「福永が青学の指導者だった頃、こまめに相談相手をするなど選手へのアプローチがうまいと聞いていた。技術や戦術だけでなく、選手のハートを引き出せる指導者になってほしい」とエールを送る。

 浦和での現役時代、「これくらいでいいやって妥協したことは1度もない」という言葉を何度か聞いた。闘争心が凝縮されたプレーで多くの観客から支持を集めた功労者が、指導者としても妥協せず、“第2の福永泰”を育て上げる日が待ち遠しい。

取材・文●河野 正

【PHOTOギャラリー】福永氏も登場! 浦和レッズの懐かしい「歴代集合写真」を一挙紹介!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ