天野純、進化を証明した2ゴール!ベルギーでの苦闘を経て“技巧派”から変貌したスタイル

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2020年07月09日

「ボールを持ったら8割は前へ行け」と指示を受けた

 きっかけを掴んだのは今年に入ってから。ボランチのポジションで起用されるようになり、指揮官からは「ボールを持ったら8割は前へ行け」と指示を受けた。細かいことは問題ではなかった。天野は愚直にボールを前へ運び、貪欲な姿勢で相手ゴールに迫った。

 その矢先にロケレンの経営問題で帰国を余儀なくされたが、横浜復帰後も前方向を意識したプレーを続けた。トップ下ではもちろんのこと、ボランチで起用された場合も意識を変えない。湘南戦ではビハインドの展開だったことも背中を押した。

 リーグ戦でのマルチゴールは自身初。必然の2ゴールは進化の証と言っていい。しかしポジションを争うライバルはあくまでも優勝メンバーだ。スタメン奪取には、まだまだ足りない。次節以降も自身の力をピッチで示すのみ。

「マリノスは優勝したチーム。そのチームに復帰して、すぐにレギュラーになれるとは思っていない。ゼロからのスタートだと思って、自分は結果を残し続けるしかない」

 言葉に力を込めて、次の試合へ。テクニックに比重を置いていたかつての姿から変貌を遂げた。

 前への意識を強く保ちながら相手ゴールに狙いを定め、未来を切り拓いていく。

取材・文●藤井雅彦(ジャーナリスト)

【J1第3節PHOTO】横浜FM3-2湘南|3枚替えズバリ!天野、オナイウのゴールで王者・横浜が今季初勝利!

【PHOTO】横浜F・マリノス|今季リーグ戦初勝利!勝利に沸くイレブンの笑顔を厳選!

【PHOTO】横浜FM 天野純|鮮烈な復帰弾!勝利に貢献した天野を特集!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ