天野純、進化を証明した2ゴール!ベルギーでの苦闘を経て“技巧派”から変貌したスタイル

カテゴリ:Jリーグ

藤井雅彦

2020年07月09日

『ねじ込んだ』という形容詞がピッタリの一撃を叩き込んだ

湘南との神奈川ダービーで2ゴールを挙げた天野。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ3節]横浜3—2湘南/7月8日/ニッパツ

 変わったのは背番号だけではなかった。体重などフィジカル面が大きく強化されたわけでもない。それでも実際のプレーは確実に力強さが増し、表情には自信がみなぎっていた。

 途中出場でピッチに立った天野純の2得点が、横浜の今季初勝利を大きく手繰り寄せた。もっともポジションはダブルボランチの一角で、先発した浦和戦でプレーしたトップ下ではなかった。

 先制された横浜はシステムを4—4—2に変更。天野は喜田拓也と中盤の底でコンビを組み、3列目から攻撃に絡んでいく。配球役を務めて攻撃のリズムを作りつつ、得意とするランニングプレーで高い位置に進出してフィニッシュ場面にも顔を出す役割だ。

「GKが前に出ていたので、あのあたりに落ちればいいなと思った」と振り返る1点目は持ち前のテクニックが光る技ありの一撃。より進化を示したのは自身の2点目だろう。

 エジガル・ジュニオに入れたくさびのパスからリターンを受けると、迷うことなく相手DFが密集する地帯へ。強引なドリブル突破でシュートコースを自ら作り出し、左足を振り抜く。『ねじ込んだ』という形容詞がピッタリの一撃を叩き込んだ。

「ああやってエリア内に侵入していくのは去年から含めてあまり多くない形だったけど、あそこでゴールを決め切れたことで成長を見せられたかなと思う」

 はにかみながらも、公式戦の舞台で手応えを得られたのは大きな収穫だ。

 ちょうど1年前、天野は念願の海外移籍を果たした。優勝争いをするチームを離れることに抵抗がなかったわけではない。しかし、かねてから追いかけていた夢を実現させるチャンスを逃したくなかった。

 ベルギー2部・ロケレンでの戦いは簡単ではなかった。横浜のようにポゼッションにこだわる戦術ではなく、求められるのはとにもかくにも個の能力。ヘディングでの競り合いなど不得手な土俵で戦わざるをえない場面も多く、欧州独特のフィジカル重視のサッカーに頭を悩ませた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ