【セルジオ越後】Jリーグの“新様式”に選手はイライラ? 再開マッチで印象に残ったのは五輪世代の…

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2020年07月06日

森島と一美のパフォーマンスに好印象。頭ひとつ抜け出た強さを持つのは…

再開初戦で鹿島に勝利した川崎。ベンチ入りの選手はマスクを着用した。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 再開されたゲームを観て、いくつか目についた選手、チームを挙げていきたい。

 まず良い印象を受けたのはサンフレッチェの森島だね。左サイドからとにかく休みなくかき回していた姿が印象的だった。サンフレッチェはヴィッセルに押されている時間も長かったけど、森島は守備でも機能していたし、最前線まで駆け上がって攻撃をリードしていた。攻守両面で貢献していたね。

 それからJ1ではあまり知られていない選手だけど、横浜FCの一美もいいプレーを見せていた。得点シーンの抜け出しは、センスの良さを感じさせたし、ゴール前での落ち着きもあった。今後、マークがきつくなってくるなかでも同じ働きができれば、森島とともに来年の東京五輪に向けて面白い存在になるかもしれない。

 チームとしては、やはりフロンターレが頭ひとつ抜き出た強さがあるなと感じた。ただ、前半はアントラーズを圧倒していた感はあったけど、後半は逆になった。前半飛ばし過ぎたのか、後半は受け気味になっていたからね。高温多湿の天候も影響したかもしれない。

 逆にヴィッセルは、序盤からボールを支配しながらセットプレーで先制されて、その後も押しているように見えるけど、カウンターから追加点を奪われ、そのまま守り切られてしまった。やっぱり夏場は取り返すためにエネルギーを使う戦いになると厳しくなる。今後は週2回の試合が多くなる。キャスティングが豊富なチームが有利になるのは間違いないよ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月24日号
    6月10日発売
    サッカーの真理地球へ
    「天才」を極める
    小野伸二×中村憲剛対談ほか
    充実の総力特集!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月17日発売
    SUMMER TRANSFER 2021
    メガクラブの
    「全補強リスト」
    トップターゲットはだれ?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ