Jリーグに4-3-3の波が到来! 川崎、柏、G大阪など採用チームが成功すれば…

カテゴリ:Jリーグ

西部謙司

2020年07月03日

中断期間を利用して戦術を熟成できたかどうかがポイントに!

◇戦術的完成度

 開幕では攻撃型の戦法へ舵を切ったチームが多かった。4-4-2へ変更した浦和、ハイプレスに力を入れている鹿島、堅守速攻からポゼッションへ変化した清水などだ。昨季から攻撃型だった札幌、川崎、神戸、横浜などを合わせると、過半数が攻撃型の戦術を採用している。今季は降格がないので初志貫徹のチームも増えると思われる。

 攻撃型は自陣からビルドアップするので、必然的に相手はハイプレスで高い位置でのボール奪取を狙う。開幕戦ではGKを含むビルドアップを狙い打ちしての得点やチャンスがかなり見られた。また、高いディフェンスラインの裏を突かれた時の対応も攻撃型が成功するためにカギになる。

 攻撃型、守備型、昨季から変化したチーム、変化していないチーム、それぞれの完成度が問われる。中断期間を利用して熟成できたチームは有利になる。

取材・文●西部謙司(スポーツライター)
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ