「左足ミドルが彼の成長の証」パーソナルコーチ・中西哲生氏に訊く“ピピ”中井卓大の成長ぶりとポテンシャル

カテゴリ:海外日本人

江國 森(サッカーダイジェストWeb編集部)

2020年06月26日

「ピピはどんどん進化しないと、建英には追いつけないと思っている」」

昨年4月に神奈川県で行なわれた凱旋試合では、技術の高さを存分に披露した。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

――そんな中井選手に、どんな言葉をかけていたんですか?

「試合に使ってもらえなくても、逆に成長するチャンスだよ、いま僕と取り組んでることをさらに進化させるチャンスだよ、とシーズン中に話してました。昨シーズンは、一緒にトレーニングを始めて1年目で、試合の中で発揮する技術に関して色々と取り組んで、実際に試合で発揮できるようになった。素晴らしいミドルシュートを決められるようになった。今シーズンは、精神的な部分で成長できたシーズンだったんじゃないかと」

――中井選手は右利きですが、レフティーと紹介する海外メディアもあります。それだけ左足を鍛えたということでしょうか。

「そうです、右足が素晴らしいんですが、左足はそこまでではなかった。キックに関しては、右足も左足も劇的に改善したと感じます。僕のメソッドである『軸足抜き蹴り足着地』というキックをしっかり体得して、それをナチュラルに試合の中でも発揮できるようになった。実際すでに左足インカーブでも美しいミドルシュートを決めていて、その映像を見た瞬間、あまりに練習通りすぎて驚きました。そういった部分を見ても、技術を吸収し、試合でそれを発揮する能力は、特筆すべきものがありますね」
 
――貪欲に学んでいるんですね。

「まだ完成された選手ではないので、知らない知識や理論を本人がどんどん僕に聞いてきます。トレーニングでは、とにかく質問攻め(笑)。で、質問の後は、『じゃあ、次はコレやりましょう』って感じです」

――久保選手も7年ほど前から指導されています。

「建英も、努力を積み重ねられる選手です。彼とは小学5年生から一緒にトレーニングさせてもらってますが、ピピとは2年前の中学3年生からです。ということもあり、ピピとしてはここからどんどん進化しないと、建英には追いつけないと思っている。またピピは建英と一緒にプレーするのが一つの目標というか、通過点だと考えています。僕もなるべくそれをイメージしながら彼の手助けをしたい。建英よりも一つ後ろのポジションなので、ピピが良きパートナーとなるような、建英が欲しいタイミングパスを出してくれるような選手になって、良好な関係性を保てれば、というのはイメージしています」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ