マラドーナに守られたメッシ。若きエースを救った英雄の“見えない”気配り【南米サッカー秘蔵写真コラム】

カテゴリ:ワールド

ハビエル・ガルシア・マルティーノ

2020年06月23日

マラドーナの見えない気配りとは?

グループリーグ最終節のギリシャ戦で思わずフラストレーションを露わにするメッシ。(C) Javier Garcia MARTINO

画像を見る

 マラドーナは2009年3月に行なわれたワールドカップ予選でメッシに「俺がつけた10番は君のものだ」というセリフとともにアルゼンチン代表の背番号10を託した。

 これが「メッシにとってプレッシャーになるのではないか」という周囲の声にマラドーナは、「サッカーにプレッシャーなど存在しない」と答え、自分の後継者を甘やかすことなどないとでも言いたげな態度を見せた。

 しかし、実際のところマラドーナは、カメラが自分の方に集中的に向けられることで「盾」となり、メッシの肩にかかる重荷をとってやっていたのだ。そして、フアン・セバスティアン・ベロンやガブリエル・エインセ、ハビエル・マスチェラーノといった兄貴分の選手たちにメッシの精神的な支えになってやるように促し、表からは見えない形で“後輩”を守っていた。
 
 そうした指揮官の気配りもあり、気分的には楽な状態で参加した南アフリカ・ワールドカップだったが、メッシは無得点に終わってしまった。私の勝手な思い込みかもしれないが、初めて代表のキャプテンとして出場したグループリーグ最終節のギリシャ戦では、なかなかゴールを取れないフラストレーションを募らせるジェスチャーを何度も見せていたのが印象に残っている。

 あれから10年――。メッシは見違えるようにたくましくなり、ピッチの中でも外でもアルゼンチン代表における真のリーダーになった。もう誰かに盾になってもらう必要も、守ってもらう必要もない。

 新型コロナウイルスの影響によって3月に始まる予定だったカタール・ワールドカップの南米予選が延期となった今、彼の勇姿を再びファインダー越しに見ることができる日がますます待ち遠しい。

文●ハビエル・ガルシア・マルティーノ text by Javier Garcia MARTINO
訳●チヅル・デ・ガルシア translation by Chizuru de GARCIA

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    5月13日発売
    決定版が完成!!
    EURO2020
    展望&ガイド
    出場24か国選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月27日号
    5月13日発売
    J29年目突入記念企画
    J1&J2全42クラブの
    歴代レジェンドを
    格付け!!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ