SDの電撃辞任でマルセイユに激震走る! 酒井宏樹のCL初出場に影響は?【現地発】 

カテゴリ:ワールド

結城麻里

2020年05月17日

サポーターの懸念は膨れ上がっている

辞任が発表されたスピサレッタ氏。直接の原因は明らかにされていない。 (C)Getty Images

画像を見る

 一方のスビサレッタ氏は、支持者に感謝を述べた。

「このプロジェクト、このクラブ、この町が、7日中7日、24時間中24時間、私の心と頭を占領していた。クラブの周囲にこれほどパッション(熱情)がある以上、個人的にも情熱と思いとエネルギーを注ぐことになるからだ。みんな信頼してくれてありがとう。バスク語で言うように、“終わりとは始まり”だ。スポーツ・ディレクターは終えるが、私はマルセイユサポーターを始める」

 しかし、15日午後現在、辞任劇の詳細な経緯や原因は明らかになっていない。

 さらには、フランスの外出禁止令が解除された5月11日、「こもり先」のポルトガルからヴィラス・ボアス監督がマルセイユ入り。13日にエロー会長と今後の方針について会議(以前から設定されていた)した。だが、満足ゆく結果は得られず、14日午後にはまたポルトガルに帰国してしまったのだ。
 

 これでサポーターは、「すわ、監督も辞任か!」と大騒ぎになった。せっかくCL出場を決めたのに監督が辞任してしまえば、混乱は避けられない。しかもスビサレッタ氏辞任で、選手を売り払う路線にシフトすることは免れないだろう。『L'EQUIPE』紙のリーグ年間イレブンを決める読者投票で、右SB部門3位に食い込んだ酒井宏樹も、対象外とは言い切れないのだ。

 確かにマルセイユは、過去のリクルーティング失敗のツケが積もり、このまま行けば大赤字になる。UEFAファイナンシャルフェアプレーにも睨まれており、最悪の場合はCL出場権を奪われる罰則さえチラついている。

 マルセイユの街中からはすでに、「監督が去るようなことになれば重大問題だ!」、「夕べは、サウジアラビアがOMを買収してグアルディオラを監督に招聘した夢を見たよ」などの怒りとジョークがテレビ映像が流れ始めている。エロー会長には選手たちも冷ややか。マルセイユのジレンマは続く。

 サポーターに微かな希望があるとすれば、ヴィラス・ボアス監督がはっきり辞任を表明していないことぐらいだ。ただ、その希望が続くかどうかは、まだ不明である。酒井宏樹にとって初のCLは、どうなってしまうのだろうか。

取材・文●結城麻里
text by Marie YUUKI

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ