【大宮】「今年こそ――」。J1復帰に向けてキーマン3人が内に秘める闘志

カテゴリ:Jリーグ

古田土恵介(サッカーダイジェスト)

2015年01月26日

泉澤「より結果にこだわってプレーしたい」

J2降格後、早々と残留を決めた泉澤(中央)は自身が「チームに勝利を呼び込む選手になる」必要性を感じている。

画像を見る

――J2で戦う1年が始まりました。
 
泉澤
「みんなで『1年で復帰しよう』と言っているので、そのための力になりたい。ただ、J2は甘くないと多くの人から聞かされました。一戦一戦を大事に戦っていきたいと思います」
 
――かなり早めの残留決定リリースでしたが、契約更新は即決だったのでしょうか?
 
泉澤
「そうですね、(松本)大樹さん(強化本部長)が様々な方面で頑張っているのは知っていたので、その力になりたいと思ってすぐに決めました」
 
――チームはJ2優勝、J1復帰という目標があります。個人としてのテーマは?
 
泉澤
「今年はより攻撃的にいきたい。(面談で)渋谷さんから『昨季は守備をやらせすぎて申し訳なかった。今年は攻撃に専念して、サイドで引っ張っていってほしい』と言われたので、より結果にこだわっていきたいです」
 
――具体的に意識している数字はありますか?
 
泉澤
「具体的な数字どうこうというより、チームを勝たせたい。昨季はベンチで試合を見ている時間が長かったんですけど、その時から勝利を呼び込める選手になりたいと思っていました。得点、アシストという数字はそういう選手になればついてくるはずです」
 
――今季、プレー面でチャレンジしたいことは?
 
泉澤
「シュートですね、ドリブルからのシュート。そのためにも、ゴールに近い位置でボールに触る必要があるのでポジショニングも重要になる。いろんな人からもっと貪欲に学んでいきたいです」

――本誌インタビュー(2014年10月7日号)で家長選手はお手本だと言っていましたが、家長選手の残留は勉強という意味でも心強いのでは?

泉澤
「本当に嬉しかったです。アキさんはJリーグのなかでも別格の存在だと思っていますし、まだまだ自分が学ぶことも多い。今季もいろいろなことを吸収したいですね」

――J2を経験してステップアップを果たした選手も多いです。
 
泉澤
「確かにそうですよね、香川選手や乾選手、柿谷選手、齋藤学選手……。ただ、1年間フルで出場しないとステップアップはないと思います。毎試合経験を積めば成長の度合いも違うはず。J2という舞台をバネに、もう一段も二段も上のレベルに上がりたいですね」

J1・J2クラブのプレシーズン情報をチェック!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月28日号
    3月14日発売
    7つのキーワードで読み解く
    ヴィッセル神戸
    「解体新書」
    松本山雅&横浜FC特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月7日発売
    2018-2019欧州サッカー
    「優良クラブ」ランキング
    もっとも費用対効果が高いのは?
    フットボールマネー最新事情
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ