【松本】山雅スタイルで「日本のトップ15入り」に挑戦

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェスト編集部

2015年01月25日

新スローガンは「One Soul~走破!その先を目指して」。

集合写真に納まる松本の新加入選手たち。後列左からオビナ、後藤圭太、池元友樹、坂井達弥、ドリバ、石原崇兆、鈴木智幸、前田直輝、前列左から那須川将大、柴田隆太朗、谷奥健四郎、酒井隆介、荒田智之、キローラン菜入、阿部吉朗

画像を見る

 創設50周年の市民クラブ、初のJ1へ――。
 
 松本は1月25日、2015シーズンの新体制発表会を市内で行なった。反町康治監督が就任4年目を迎えた今季は、主にJ2の他クラブの主力など大量15人を補強した“J2連合軍”で国内最高カテゴリーに挑戦する。会場をぎっしりと埋めた約1500人のサポーターとともに、クラブ史上最大の挑戦へ気炎を上げた。
 
 補強では、鳥栖から元日本代表DF坂井達弥が期限付きで加入したほか、J2の7クラブから池元友樹、石原崇兆、前田直輝など9人を獲得。助っ人ではブラジルのアメリカMGからFWオビナ、トンベンセからMFドリバを引き入れるなど、積極的に動いて戦力を整えた。
 
 2月から就任する神田文之新社長は冒頭、「今年も反町監督に、粘り強く、真摯な、アグレッシブなチームに仕上げていただけると思います。総力を結集してさらなる成長を続け、新たな夢を描き、地域に永続するクラブを目指します」と挨拶。今季の新スローガンは「One Soul~走破!その先を目指して」と発表された。
 
 その後は全所属33選手ら一人ひとりが檀上に立って抱負を述べた。反町監督は今季の目標を「日本のトップ15に入りたい」と表現。残留とほぼ同義だが、上限がない前向きな捉え方で、「チームとして最低限の部分。大変な作業だが全力を尽くす。あまりJ1に染まることなく、山雅のスタイルに染めていきたい」と力を込めた。
 
 新加入の坂井は「色々な覚悟を持ってここに移籍しました。1年間山雅のために戦います」。チーム最年長となる34歳のFW阿部吉朗は「サッカー人生の集大成を山雅で終えられることを幸せに思っています」と、引退会見さながらの言葉で不退転の決意を示した。ともに日本のクラブが初となるオビナとドリバのふたりは、「コンニチハ」「ハジメマシテ」など勉強中の日本語で簡潔に自己紹介した。
 
 チームは今月27日から1次キャンプに突入し、2月27日までの約1か月間、静岡県と鹿児島県でトレーニングに励む。2月21日には日産スタジアムで横浜と、3月1日にはグリーンスタジアムで栃木とそれぞれプレシーズンマッチも行なうなど、初のJ1に向けて精力的に基盤を再構築する。

【Jリーグ新体制】J1・J2全40クラブをチェック!
【関連記事】
【札幌】着実な戦力アップを果たした北国の雄
【湘南×流経大】藤田祥、アリソン、武田、新加入組3発など4ゴール!湘南が充実の船出
【愛媛】“愛媛史上最高成績”を目指す木山新体制がスタート!
【金沢】J2初参戦への意気込み。「ひとつでも上の順位を狙う」
【川崎】風間体制4年目、「目指すものはひとつ」と優勝を誓う

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ