【湘南×流経大】藤田祥、アリソン、武田、新加入組3発など4ゴール!湘南が充実の船出

カテゴリ:Jリーグ

塚越 始(サッカーダイジェスト)

2015年01月25日

新加入組など複数のポジションでテストし相性をチェック。

1本目でシャドーに入った山田。試合後は全員を代表してサポーターへあいさつ。「多くの皆さんの前でプレーできて楽しかったし、幸せを感じました。1年間よろしくお願いします」と笑顔で語った。

画像を見る

 幸先良い船出を切る――。
 
 湘南が25日、馬入グラウンドで流通経済大のドラゴンズ(JFLに所属)と35分3本の練習試合を行ない、新加入のFW藤田祥、アリソン、MF武田、昨季終盤に怪我から復帰した古林のゴールで、4-1の勝利を収めた。大学生が相手だったとはいえ、チームの狙いが早くもかなり浸透していることを感じさせる、充実の内容だった。
 
 主力組と新加入組を3本に振り分けて、相性などをチェック。1本目のゴールは、中央での可児らによるビルドアップで相手のマークを集中させ、そこから右サイドに展開。WB藤田征の鋭いクロスに藤田祥がヘッドで合わせて奪った。
 
 湘南の狙い通りのスタイルから決まった、理想的といえる“ファーストゴール”だった。
 
 メンバーを入れ替えた2本目では、開始早々、中央でタメを作った永木が左に展開。ボランチから左サイドへ抜け出た武田のクロスに、アリソンが豪快に頭で合わせ2点目。さらに再びゴール前でボールを持った永木のパスから、飛び出した右WBの古林が右足を振り抜き3点目を突き刺した。
 
 さらに3本目では、この日好アピールを続けた武田が、オーバーラップから左足で鮮やかに4点目をねじ込んでみせた。
 
 多くの選手が複数のポジションをこなしながら連係面などをチェック。3本目では岡田を最前線に置く“ゼロトップ”など、いくつかの試みも見られた。序盤に守備陣の連係ミスから1点を許したが、JFLに登録するドラゴンズ相手に、常に一方的にボールを支配していた。
 
 なにより連日二部練習が続くなど身体を追い込むなかで組まれたトレーニングマッチだったが、大学生が相手でも“絶対に走り負けない”という湘南魂が、さっそく感じられた。そのなかで個人、チーム、両方の課題が見えた点を含め、実りある1日になったようだ。

J1・J2クラブのプレシーズン情報をチェック!

アンドレ・バイアは高さ、強さと1対1の強さを披露。フェイエノールトなどで積んできた経験値の高さを実証してみせた。

画像を見る

【関連記事】
「兄弟? いや親子!?」湘南の新助っ人は早くも息ピッタリ
【J Inside Story】湘南・高山 薫――1年での古巣復帰に懸ける決意
【湘南】三度目のJ1は、「挑戦」から「証明」へ
【浦和】Jとアジア制覇へ、ズラタン、石原ら新加入11人が2015年版ユニホームで登場!
【湘南】遠藤航インタビュー 「アジア大会で結果を残すのも大事なミッション」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ