アジアカップ2015

【韓国メディアが報じた日本評】UAE戦の敗因を鋭く指摘し、ライバルの脱落に安堵

カテゴリ:日本代表

慎武宏

2015年01月24日

「遠藤は起用すること自体がジレンマだった」(FOOTBALLIST)

『FOOTBALLIST』はベテランの遠藤に頼らざるを得なかった日本の現状を鋭く指摘。メンバーの固定がコンディション悪化を招いたと報じた。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 また、総合スポーツメディアの『エックスポーツニュース』は「柴崎、輝けなかった"次世代の遠藤"」と、同点ゴールを決めた柴崎をクローズアップ。「柴崎は自らの潜在能力を示したが、日本を救うことはできなかった」と報じた。
 
 『FOOTBALLIST』も「遠藤というジレンマに悩む日本の脱落」と題した記事で、「今大会の日本は過度に主力メンバーに依存し、毎試合、後半になると体力の低下とともにパフォーマンスも下落した。特に今月35歳の誕生日を迎えるベテラン、遠藤は起用すること自体がジレンマだった。 彼のパス技術は素晴らしいが、パス以外での貢献度が落ち、UAE戦では不調だった。アギーレ監督は遠藤に代えて柴崎を投入し、柴崎は遠藤よりも精力的に動いて努力した」と報道。
 
「ただ、レギュラーメンバーに過度に依存したことが日本にとっては残念だった。柴崎や武藤など、他の選手にも先発でプレーする機会を与えていれば、もっと良いコンディションで試合を戦うことができた」と指摘した。
 
 ちなみに、韓国メディアでは日本やイランの敗退を受けて、「イランも日本も帰路に……笑う韓国」(一般紙『京郷新聞』)「難敵たちが脱落、55年ぶりの優勝が近づいた」(ベストイレブン)、「日本、アジアカップ8強脱落の異変は、シュティーリケ号にとっては好材料?」(スポーツ新聞『スポーツ・ワールド』)と、自国代表への期待感を煽る報道も目立った。
 
 "永遠のライバル"の脱落によって最も安堵しているのは、韓国のメディアやファンたちかもしれない。
 
取材・文:慎武宏(スポーツライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月4日発売
    2020年夏版
    メガクラブ改造計画
    次の移籍市場はこう動け!
    欧州番記者らによる緊急提言
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ