アジアカップ2015

【セルジオ越後の天国と地獄】ワールドカップから成長がないことがはっきりした

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2015年01月24日

ダメなものはダメとはっきり言うべきだ。

アギーレ監督の八百長疑惑の問題や協会の任命責任などをうやむやにせず、この敗戦を機に、日本サッカーはゼロから出発すべきだ。 写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 だからといって、同点弾を決めた柴崎が日本にとっての収穫になったとも言えないよね。アジアカップの準々決勝で、UAEを相手にたかが1点取っただけで手放しで喜べるようなレベルの試合ではないでしょ。
 
 でも、日本はすぐに選手をスター扱いするからね。CMに出るのもいいけど、所属クラブでもそれに見合った結果を出してからのほうがいいんじゃないのかな。サッカー選手なのか、芸能人なのか、中途半端な気がしてならないよ。
 
 態度がデカすぎる、と言ったら、言い過ぎかもしれないけど、でも、サッカーファンなら誰もが知っている海外のある大物スター選手が言っていたらしいからね。「日本人は下手くそなくせに、カッコだけつけている」って。
 
 そうさせているのは、メディアの責任でもある。空港に到着すればTVカメラが出迎えて、今日はどんなスーツを着ているだとか。それでは勘違いさせてしまうのも当然だ。日本のメディアは簡単にスターを作りすぎるんだ。
 
 ほんの数日前には、代表150試合出場を達成した遠藤を「欠かせない選手だ!」と持ち上げていたのに、手の平を返したように「柴崎の時代が来た!」と報道するつもりなのかな。
 
 話が少し逸れたけど、今回の敗戦を受けて、日本のサッカー界はすべてを白紙に戻して、新たなスタートを切るべきだと思うよ。ドンマイ、ドンマイではなにも変わらない。
 
 名前だけが先行している不動のメンバーは、ワールドカップに続いて、アジアカップでも失態を演じてしまった。ワールドカップからほとんど成長がないことが、これではっきりとしたはずだ。
 
 みんな一度、冷静になって、良いものは良い、ダメなものはダメとはっきり言うべきだ。実力がなければスター扱いせず、結果を出している選手を代表に呼べばいいだけの話。監督が代わっても、同じことを繰り返していては意味がない。ゼロから競争させる。そっちのほうがよっぽど分かりやすいよ。
 
 サッカー界全体にしても、変革の時が来たと思うよ。そもそも、惨敗したワールドカップの敗因は納得のいくまで話し合われたのか。そして、そこから明確なビジョンは示されたのか。その精算が完璧にされたとはとても思えないし、だからこそ、今回のこういう結果につながったのではないかな。
 
 アギーレ監督の八百長疑惑の問題や協会の任命責任を含めて、うやむやにしてはダメだ。ここで変わらなければ、いつ変わるのか。日本サッカーがさらに逞しくなるためのチャンスだと捉えて、正しい道を進むことができれば、いつかこのUAE戦の負けが無駄じゃなかったと言える日が来るはずだよ。
【関連記事】
【日本代表戦術検証】突き詰められなかった守備の形
【日本代表 本誌論評】6月のW杯予選開幕まで時間はない。協会は一刻も早く明確な姿勢を示すべきだ
【アジアカップ】金田喜稔が斬る! 「Jリーグ組の危機を感じた」
【韓国メディアが報じた日本評】UAE戦の敗因を鋭く指摘し、ライバルの脱落に安堵
【日本 対 UAE】サッカーダイジェスト特派の寸評・採点
【日本代表コラム】「自分たちのサッカー」に陥った日本 “無邪気な”UAEを崩せず敗退
【アジアカップ】柴崎が放った“希望の光”
【アジアカップ】“新境地”を切り開けなかった香川真司

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ