「クラブは不当に扱っている」パリSGの“アイドル”は、なぜ移籍を決断したのか?【現地発】

カテゴリ:メガクラブ

結城麻里

2020年01月28日

イカルディよりもカバーニを推す声もあるが…

イカルディ(18番)の加入でベンチ要員に。クラブ最多得点記録保持者としては我慢できない状況だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 対するクラブ側は、サポーターの逆鱗に触れないよう配慮する必要があること、もしイカルディが故障した場合はチャンピオンズ・リーグを戦うでCF不足に陥ること、夏にフリーで放出すれば一銭も入らないこと、などの諸事情を勘案しているとみられている。

 ただ、スペイン紙『MARCA』によれば、パリSGは3000万ユーロ(約37億5000万円)を要求する方向だという。これが事実上の放出拒否を意味するのか、それとも落としどころを考慮したうえで強気の値段設定をしているのかは、いまのところ不明だ。また、アトレティコは1500万ユーロ(約18億7500万円)までなら上積みする意向だとも報じられている。

 トゥヘル監督は、「エディはみなと一緒にトレーニングしたが、状況がスッキリしていない。リール戦に行けないのもその理由からだ。この状況は長いこと続いている。怪我をした時期もあったが、いまはもう問題ない。彼の状況は別のクラブ(アトレティコ)ともスッキリしていない」と認めた。「メルカートではよくあることで、私は穏やか」と付け加えたものの、正直、辟易としている様子だった。

 カバーニをめぐっては残留を望む声も多く、「俺に言わせれば、カトル・ファンタスティックとはネイマール&エムバペ&カバーニ&ディ・マリアだ! イカルディはファンタスティックには入らない。いまの4人はトロワ・ファンタスティック+1と言うべきだ!」(アナリストのジル・ファヴァール氏)といった意見もある。

 メルカート閉幕まで数日。ズラタン・イブラヒモビッチとの競争にも耐え、黙々とゴールを決め続けてきたパリのアイドルは、いよいよ花の都を去るのだろうか。

取材・文●結城麻里
texy by Marie YUUKI

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ