「日本監督も驚いた“前方圧迫”」「非地上波で視聴率1位」韓国メディアは、E-1日韓戦をどう伝えたのか?

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2019年12月19日

欧州組が不在のため地上波放送はなかった韓国。興行的な失敗を指摘する声も?

 また、日本戦が大会最終戦でもあったため、大会の総括をするメディアもあった。『ベストイレブン』は、「韓国サッカーが東アジアカップを通じて確認したこと」と見出しを打った。記事では「韓国サッカーがアジアでは相変わらず健在であることを確認した大会」と振り返っており、「ベント監督が愛用するファン・インボム、ナ・サンホのラインがなぜよく選択されるのかを大会を通じて知ることができた。ファン・インボムは韓国が大会で決めた計4ゴールのうち、半分(2ゴール)を担った。ナ・サンホもまた密集守備を解体する専門家らしい役割を果たした」と評価した。

 そしてベント監督が確認したこととして、「これまでの哲学」を挙げ、「ベント・コリアは日本戦で前方からの強いプレッシャーと速いプレーで結果と内容を掴んだ。大会全勝、無失点の優勝によって、ベント監督が目指す道が間違っていないことを確認した」と報じた。

 ただ一方で、「ベストメンバーではない今大会に、あまり多くの意味を付与することは正しくない。日本は23歳以下の若手を主軸にしたし、中国もリッピ監督の代行体制で不完全な戦力で大会に臨んだ」と、冷静さも忘れなかった。

 今大会はソン・フンミンやファン・ウィジョ、イ・ガンインといった欧州組が出場していないことから、地上波でも中継されず、韓国では興行的な失敗を指摘する声も上がった。しかし、こと日韓戦に関しては「韓日戦の中継放送、非地上波では視聴率1位」(『ニューシス』)とあるように、「当日放送されたすべての非地上波放送で最高の視聴率」となった。有料加入世帯基準では全国視聴率9.3%だったそうだ。香港戦4.3%、中国戦6.3%だったことからも高い注目度を誇っていたことが窺える。

 いずれにしても3連覇という結果を残し、有終の美を飾った韓国。3月から再開するカタール・ワールドカップ・アジア2次予選に向けて、勢いがついたことは間違いなさそうだ。

構成●ピッチコミュニケーションズ
【関連記事】
2019年最後のFIFAランキングが発表!日本はアジア最上位変わらず、E-1優勝の韓国が1ランク上昇
金田喜稔が韓国戦を斬る! 最低限の戦術がなければ「自主性」ではなく「ほったらかし」だ。このままでは手遅れに…
森保ジャパンはなぜ序盤から韓国に押し込まれたのか? “一軍メンバー”の先発起用が発したメッセージ
【E-1選手権】アピールに成功したのは、韓国相手にも存在感を発揮したドリブラーと韓国戦に出場できなかったFW
想像をはるかに上回る強度…21歳の若きボランチ・田中碧が人生初の日韓戦でぶつかった壁

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ