「日本監督も驚いた“前方圧迫”」「非地上波で視聴率1位」韓国メディアは、E-1日韓戦をどう伝えたのか?

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2019年12月19日

懐疑的な見方もあったMVPファン・インボムに称賛の嵐

鈴木のシュートブロックに入るキム・ヨングォン。Jリーグでも対戦経験のある両者が火花を散らす。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本代表を下し、韓国の大会3連覇で幕を閉じたE-1サッカー選手権。宿命の対決ともされる日韓戦の試合結果は、韓国でもスポーツ紙から一般紙までこぞって報じている。

「“ファン・インボムの決勝ゴール”韓国、日本を破ってE-1選手権3連覇の“快挙”」『聨合ニュース』
「ベント・コリア、日本を下して東アジアカップ3大会連続優勝」『ニューシス』
「“ファン・インボムの決勝ゴール”韓国、日本に勝利して3連覇」『SBS』
「韓国サッカー、東アジアカップ3連覇」『ハンギョレ』
「韓国サッカー代表、“枠内シュート0”の日本に1-0で勝利…大会3連覇」『日曜ソウル』
「韓国サッカー、宿敵日本を下して東アジアカップ優勝」『ムドゥン日報』

 こうした見出しからも分かるように、決勝ゴールを決めたファン・インボムの活躍に注目するメディアが少なくない。「文句のないMVPファン・インボム、皇太子の資格を実力で証明した」と見出しを打った『SPOTVNEWS』は、「大会前、ファン・インボムには疑問符がついていた。ベント監督がなぜ彼を活用するのか分からないという疑問がついて回った。しかし批判的な視線はE-1選手権で実力を見せつけ、整理された」と報じ、「素晴らしい才能を持っている選手」というベント監督の言葉を引用しながら称賛した。

『フットボリスト』が注目したのは、DFキム・ミンジェだ。

「“守備も攻撃も”キム・ミンジェにアジアの舞台は狭い」と見出しを打ち、「(朝鮮)半島のファン・ダイク」というワードを使いながら「今大会の注目のひとつは“キム・ミンジェの再発見”だ」と強調した。

「190cmの長身を生かした守備は、簡単に崩すことはできなかった。韓日戦でも11分に日本がカウンターを仕掛けようとすると、いち早く飛び出してボールを奪い、相手の流れをきちんと切った」と報じた。また8分に日本のゴールポストを直撃したヘディングシュートなどを挙げながら「キム・ミンジェの高さは非常に脅威的だった」と伝え、「欧州の舞台でプレーしても遜色がない。キム・ミンジェにアジアの舞台はたしかに狭くなった」と締めくくった。

 日韓の監督にフォーカスを当てたのは、『スターニュース』の「ベント、韓日戦に“秘密戦略”があった…日本監督も驚いた“前方圧迫”」という記事だ。試合後の記者会見のコメントを紹介しながら、「森保一監督は韓国の強いプレスを予想できなかった」と指摘し、「私たちの守備戦略は明確だった。日本がビルドアップを始めようとする時、プレスを通じて防ごうとした。ゴールキックから始まるビルドアップなどを含めて、日本の多様な形態のそれを研究した」というベント監督の発言を際立たせて報じた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月23日号
    7月9日発売
    J1&J2全40クラブ
    総合ランキング
    順位予想&観戦ガイドに
    偉業達成のヤット特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ