【E-1選手権】アピールに成功したのは、韓国相手にも存在感を発揮したドリブラーと韓国戦に出場できなかったFW

カテゴリ:日本代表

佐藤俊

2019年12月19日

森保監督は今後、FW陣にはチャンスを平等に与えるべきだろう

香港戦で2ゴールを挙げた小川だが、韓国戦では出番なしに。より強い相手にどんなプレーを見せたのか、期待を寄せたファンも多かったはずだ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 もう一人は、ハットトリック男の小川だ。

 香港は中国や韓国よりもレベルが落ちるが、国際試合の公式戦で複数ゴールを決めることは簡単なことではない。その中で、ハットトリックを決めたことは、相手がどうあれ、FWとして一番重要な結果を出したということで評価されるべきあろう。

 しかも、3点とも違うパターンのゴールだった。ゴール前の落ち着き、ポジション取りのうまさ、ボールをもらう前からシュートまでのイメージがしっかり描けている。

 調子が良く、気分も乗っていただけに韓国戦では後半、上田に代えて出場させ、小川がこのレベルでどのくらいやれるのか見極めても良かった。森保監督が上田に期待しているのは容易に理解できるが、そういうチャンスをこれから平等にFWの選手には与えられるべきだろう。

 森島は、中国戦の出来が秀逸だった。それだけに、レベルが上の韓国相手にどのくらいやれるのか、見たかったが、残念な結果に終わった。相手の圧は想定内だったはずだが、前を向いて効果的なパスを繰り出すシーンがほとんどなく、見せ場は後半終了間際のシュートシーンだけではかなり物足りない。もっと我を出してプレーしてほしかった。ただ、次回にはつながるプレーは見せてくれたと思う。

 今大会は、東京五輪世代がアピールするには絶好のチャンスだったが、結果を出して次に繋げられた選手は小川らごく少数に限られた。正直なところ、いつまでもチャンスがあるわけではない。自分が東京五輪に出るという意志の強さがプレーにも反映されるはず。そういう姿勢が選手からあまり発散されず、韓国に敗れて2位。
選考、結果ともに物足りない大会だった。

取材・文●佐藤 俊(スポーツライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ