【韓国戦|戦評】実に妥当な結果。韓国の圧力に屈した”未熟な”日本は王者に相応しくなかった

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年12月19日

激しいタックルの応酬に対して腰が引けると…

日本は結果的に枠内シュート0本。鈴木もこの日は無得点に終わった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[E-1選手権2019]日本0-1韓国/12月18日/釜山アジアドメインスタジアム

 日本代表は12月18日、E-1選手権の3戦目で韓国代表と対戦。0-1の敗戦を喫し、優勝を逃した。

“日韓戦”の重みを知っていたのは、開催国の韓国だった。

「選手たちも覚悟を持って入ってはくれたと思いますが、韓国の圧力が上回ったと思っています。今日の試合の背景には引き分けでも優勝を決められる条件があった。そういうなかで、韓国が激しさ、厳しさをもって圧力をかけてくることは予想出来たところで、そこを上回っていけなかった。監督として選手の準備については、やれることがあったと。自分自身反省しなければいけないと思っています」

 森保監督はそう試合を振り返る。
 
 2戦を終えて首位に立っていた日本は引き分け以上で優勝が決まる状況だった(勝点6同士だったが、日本は得失点差「+6」で、韓国は得失点差「+3」だった)。そんなシチュエーションが日本に気の緩みを生み出し、韓国に「激しさ、厳しさ」をもたらしたのかもしれない。

 指揮官は「まずはこの一戦に勝つために準備しましたし、勝って優勝を決めようと。引き分け狙いじゃなくアグレッシブに、チームで共有して選手をピッチに送り出した」というが、より敵意を剥き出しにして果敢な姿勢を見せていたのは、韓国のほうだった。

 背水の陣を敷いた韓国は序盤から、フルスロットルで肉弾戦を挑んできた。ガツンというチャージを繰り返し球際で優位に立つと、8分にはディフェンスラインの背後に抜け出したキム・インソンのシュートチャンスを作り出し、9分のCKではキム・ミンジェのヘディングシュートで日本ゴールを脅かした。

 かたや立ち上がりの5分ほどまでは冷静に振る舞っていた日本は、激しいタックルの応酬に対して腰が引け、徐々にゲームの主導権を明け渡していった。15分にエリア内で鋭く右足を振り抜いた鈴木武蔵のシュートが枠を捉えていれば、もしかしたらスコアは逆になっていたかもしれないが、今となっては、ただの“たら・れば”に過ぎない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月22日号
    10月8日発売
    J1&J2&J3
    ネクストブレイク
    BEST 100
    必見の若手有望株を一挙公開!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ