【香港戦|戦評】“初選出組”の多くがアピールしたのは収穫も…シャドー仲川は機能不全に

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年12月15日

仲川が予想以上に機能しなかった

ウイングが本職の仲川はシャドーでは窮屈そうなプレーに終始。持ち味を活かしきれなかった。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 そして、もうひとり攻撃面で異彩を放っていたのが、小川に度々シュートチャンスを提供していた右ウイングバックの相馬勇紀。5分の切れ味鋭い突破を皮切りに、対面したDFを一気の加速で剥がし、再三鋭いクロスを上げていたこのドリブラーの活躍は、ポジティブなサプライズだった。

 そのふたり以外でも、強烈なボレーシュートを叩き込み左足のパンチ力を見せつけた菅大輝、セットプレーで空中戦の強さが光った渡辺剛、3バックの中央とボランチを兼任し、ユーティリティ性を発揮した田中駿汰など、それぞれが戦術の中で武器を活かしていた。

 8日から始まった代表活動の限られた時間のなかで、森保ジャパンの戦術を理解し、味方と同調しようと努力した結果が表われていたのは間違いない。試合中にもプレーが切れる度に、ポジショニングやパスのタイミングなどを確認し合っていたのが印象的だった。
 
 ただし大きな課題として残ったのが、JリーグMVPの仲川が予想以上に機能しなかった点だ。横浜でウイングを務める快足アタッカーは、この試合ではシャドーで起用されたのだが、中央のエリアでは窮屈そうにしていて、最後まで最適なポジションを見つけ出せなかった。

 もちろん経験が浅いのは本人も監督も承知のうえだったが、それにしても期待とは程遠い出来だった。仲川自身、試合後「守備だけとか、攻撃だけとか、それでは自分の良さは消えてしまう。どっちもやりつつペナルティエリア内やボックス付近では自分の良さを出していかないといけない。そこはちょっと出せていなかったなと思います」と苦悩を明かしている。

 アピールに失敗したのは、森保監督の「仲川はあのポジションでなかなかボールを受けられずに少しストレスがたまるような展開だったと思う」という言葉からも分かるだろう。

 果たして仲川はシャドーが適任なのだろうか。第3戦の韓国との大一番に向けて、この背番号10の起用法を再考する必要があるかもしれない。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト)
 
【関連記事】
【日本5-0香港|採点&寸評】最高点の「7」評価はふたり!デビュー戦でハットトリックの小川と…
【セルジオ越後】関心の低さが際立つE-1選手権。欧州組優先のスタンスも期待感のなさにつながっているよ
【現地発】道行く韓国人に日本代表について直撃!3人中2人が答えた「凄い日本人選手」は?
【現地発】あまりに観客が少ない韓国のE-1選手権…“日韓戦”の盛り上がりは大丈夫?
東京五輪のエースは上田綺世か小川航基か…熾烈な1トップの争いの行方は?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ