【セルジオ越後】2年前から現状維持のレッズと世界基準を揃えたアル・ヒラル。キャスティングの差は明白だった

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年11月25日

決勝まで来てよくやったと思うのか、最悪の年だったと思うのかで未来は変わる

アル・ヒラルの19番、カリージョの突破力は脅威だった。ワールドクラスの力をまざまざと見せつけた。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 振り返ってみると、レッズがアジア制覇した2年前には、ラファエル・シルバという優勝に大きく貢献したブラジル人FWがいた。しかし、今回は彼のような突出した個の能力を持つ助っ人はいなかったし、日本人選手でもA代表に選ばれている選手はゼロだ。この2年でアル・ヒラルとは大きな差がついてしまっていたんだ。

 それだけでなく、レッズは2年前の優勝時もリーグ戦では7位と振るわず、ACL出場権を逃していた。ACLで優勝したことで、なんとなくチームの方向性や戦力に対する認識も現状維持でOKとされてきたのだろうけど、今回もリーグ戦では振るわないどころか、あわやJ2降格という現状にいる。

 さすがにACLも逃して、今季はタイトルゼロが決まったことで、レッズもクラブとしていかに再起を期していくのか、考えざるを得ないだろうね。今年は、ACL決勝まで来てよくやったと思うのか、それとも最悪の年だったと思うのか。考え方次第でレッズの未来は大きく変わるんじゃないかな。
 
 
【ACL決勝第2戦】浦和0-2アルヒラル|白熱の攻防を見せるも…過密日程の中、ACL準優勝

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月13日号
    4月8日発売
    2021年版J1&J2リーグ
    選手125人が選ぶ
    現役ボランチ
    最強番付
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月6日発売
    欧州サッカー
    夏の移籍市場
    新マニュアル
    新時代の強化戦略を読み解く!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ