【U-22代表|コロンビア戦のスタメン予想】ついに堂安と久保が揃い踏みか!?1トップは…

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェストWeb)

2019年11月17日

10番を背負う三好も捨てがたいものの…

10日にはラ・リーガで初ゴールを決めた久保。その出場には注目が集まる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 不動と見られていた杉岡大樹(湘南)が不在で、遠藤渓太(横浜)も故障で未招集となった左ウイングバックは菅大輝(札幌)と見る。今回のメンバーで唯一このポジションを主戦場にしている選手だ。ただし右ウイングバックで起用されることが多い菅原由勢(AZ)を左に回し、橋岡を右サイドに持ってくる手も考えられる。

 注目のシャドーは、久保建英(マジョルカ)と堂安律(PSV)のコンビ。約8か月ぶりに選ばれた久保も、森保体制の世代別代表では初招集となる堂安も、並行して行われているA代表の11月シリーズではなく、このU-22代表のほうに今回は優先して選ばれている。もちろん10番を背負う三好康児(アントワープ)も捨てがたいものの、久保と堂安をフィットさせるために、このふたりを先発として使い長くピッチに置いておくべきだろう。
 
 広島戦ではコンディションの事情で唯一出番がなかった堂安も、「リフレッシュできている」と意気込んでいて、前日練習では久保とともに連係を確かめ合う場面も見られた。堂安は「同じ左利き同士、感じ合える部分がある」とも言っていて、この“A代表レフティ”同士のコンビネーションは、U-22コロンビア戦の大きな見どころでもある。

 1トップは上田綺世だろう。10月のブラジル遠征に続いて選ばれている小川航基(水戸ホーリーホック)は2日前の広島戦でも先発していて、今回は控えが濃厚。ブラジル遠征には招集されなかった上田か前田の先発起用が濃厚だが、得点力で見れば、このチームではトップの15ゴールを挙げている上田がより「ベスト」な選択となる。スピードスターの前田は途中出場でもいいだろう。

 ただ、その前田や食野亮太郎(ハーツ)といった、途中起用で流れを変えられる選手も少なくない。森保監督の采配にも注目したいところだ。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【U22代表PHOTO】三好、久保、堂安らが新ユニフォームで記念撮影!各選手の"個性"まる出しショットも必見!

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ