韓国メディア、宿敵の4連勝に対し自国代表の現状に不満!? 一方で日本の新ユニホームに「軍服を思わせる」との見方も

カテゴリ:日本代表

ピッチコミュニケーションズ

2019年11月15日

「日本サッカー“騒動のユニホーム”」という記事に書かれた内容とは?

4連勝を飾った日本に対し、首位に立ちながらも今ひとつ調子の上がらない韓国代表を自国メディアも厳しい目で見ているようだ。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 ただ苦しみながらも勝点3を獲得した日本とは対照的に、韓国は同日、アウェーでレバノンを相手に0-0の引き分けに終わっている。『スターニュース』は「“日本は4連勝なのに…”韓国、なぜ4位に勝点2差で追われる状況になったのか」と見出しを打ち、「ライバルであり、隣国の日本と比較せざるを得ない」と物足りなさを強調した。

 ちなみに前出の『スポーツ韓国』は、「ワールドカップ予選で初めて公開された日本サッカー“騒動のユニホーム”」という記事も出していて、「日本は快晴の空をコンセプトに青と白、黒が入り混じったユニホームを公開したのだが、公開当時から軍服を思わせるデザインが多くの議論を巻き起こした」などと報じた。


 さらに「先立って日本はブラジル・ワールドカップを前に、旭日旗のデザインが使われたユニホームを着用して騒動を起こしたが、今回は軍服を思い出させるデザインで世界的な批判を避けられなくなった」と断じている。

 いずれにしても4連勝でグループ首位を独走している日本代表。どこまで連勝を伸ばすのか、韓国メディアも注目しているところだ。

構成●ピッチコミュニケーションズ
【関連記事】
【セルジオ越後】土俵際まで追い込まれかけた日本代表。うっちゃりのような勝ち方はアジア2次予選でやっていいわけがない!
「美しすぎる!」「まるでK-POPアイドル」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナがまさかの制服姿で京都旅行!
「恐韓症だ!」「世界では珍しくない」韓国メディアの“踏みつけ騒動”反論に中国紙は唖然と…
【キルギス戦|動画&記事一覧】解説:セルジオ越後、金田喜稔、釜本邦茂、採点&寸評、プレー分析、各国メディアの評価、PHOTOギャラリーetc.
「とうてい受け入れられない!」西野朗監督の“苦言”にベトナム代表の韓国人監督が怒りの反論!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ恒例企画
    1月26日発売
    2023年度版
    J1&J2全40クラブ
    戦力充実度ランキング
    各スカッドの期待度は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト まもなく再開のCLを特集!
    2月2日発売
    完全保存版
    チャンピオンズリーグ全史
    激闘の記憶を徹底網羅
    最新ベスト16展望も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.38
    1月13日発売
    岡山学芸館が初優勝!
    第101回高校選手権
    決戦速報号
    全47試合を完全詳報
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ