【U-22日本代表|採点&寸評】広島との練習試合で21人を起用!途中出場の久保が流れを変える

カテゴリ:日本代表

飯尾篤史

2019年11月14日

後半から途中出場した久保は攻撃をリード

交代出場
MF
14 高 宇洋 6
(前半28分 IN)
岩田の負傷にともない、前半途中からボランチに入った。前半は流れに乗れなかったが、後半は最終ラインと2シャドーのリンクマンとして機能した。

GK
1 大迫敬介 6
(HT IN)
CKからの失点は致し方なし。その直前の後半13分には抜群の反応でドウグラス・ビエイラのシュートを防いだ。的確なコーチングも光った。

DF
4 板倉 滉 6.5
(HT IN)
後半から出場し、最初は3バックの中央、後半23分からは左に入った。プレーに落ち着きがあり、縦パスや持ち運びによって攻撃面でも貢献。

MF
5 三好康児 6
(HT IN/後半19分OUT)
コンディションの問題もあって19分のプレーにとどまったが、後半17分のバーに嫌われた スーパーロングシュートは圧巻だった。

MF
17 田中駿汰 6.5
(HT IN)
ボールの引き出し方がうまく、縦パスを入れるタイミングもいい。彼の登場によって日本のボール回しがスムーズになったのは間違いなかった。
 
FW
18 上田綺世 5.5
(HT IN)
動きのキレやスムーズさを欠いた印象。後半29分には素晴らしい動きで久保のスルーパスを引き出したものの、シュートを右に外した。

MF
11 菅原由勢 6
(後半11分IN)
右ウイングバックに入って攻撃の組み立てに関与。終了間際には前田とのパス交換でシュートまで持ち込んだが、気合が空回りした場面も。

MF
15 久保建英 6.5
(後半19分IN)
ドリブルとパスを駆使して攻撃をリード。シュートこそなかったが、上田と前田に決定的なチャンスを供給した。

MF
6 前田大然 6
(後半19分IN)
シャドーに入り、相手DFにプレッシャーを掛けた。久保のパスからシュートまで持ち込んだ後半33分の場面は、せめて枠に飛ばしたかった。

DF
2 橋岡大樹 ―
(後半21分IN)
3バックの右に入った。マイボールの時間帯が長かったため守備における見せ場はなかったが、ハツラツとプレーした。

監督代行
横内昭展 6

35分ハーフという変則ゲームの中でコンディション調整をしながら、選手のポリバレントな能力もしっかり確認した。

※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ