「3試合で無失点は自信に」U-17日本代表、ベスト8を懸けたメキシコ戦に勝算は? 北中米MVPの10番ルナは要注意!

カテゴリ:日本代表

松尾祐希

2019年11月06日

苦しい時間帯は我慢し、一瞬の隙を突いてゴールを奪う。これまで通りの戦いが出来れば、十分に勝機はある

日本時間の7日早朝にメキシコと対戦するU-17日本代表。前回達成できなかった8強入りに挑む。(C) Getty Images

画像を見る

 攻守にタレントを揃えるメキシコに対し、日本はどう戦うのか。基本的な戦い方は、グループステージと大きく変わらないだろう。献身的な守備とともに、西川のキープ力、若月のスピードを生かした攻撃が生命線となる。とりわけ、攻撃面で長所を発揮するためには、前線からのプレスがポイントになる。

 メキシコは日本がグループリーグ初戦で対峙したオランダと同様に、2枚のCBとボランチの3人でビルドアップを行なう場面が多い。正確なフィードで一気に局面を打開する術も持っており、彼らに対するプレッシングがゲームの肝。高い位置でボールを奪えれば、ショートカウンターで一気にチャンスを生み出せる。それだけにFW2人の守備も重要になるはずだ。

 相手も“日本対策”を講じてくるはずで、想定とは違うこともある。ただ、このワールドカップで事前情報と違った試合は経験済み。

「高い位置で取れるのが理想。だけど、ボールが奪えなくても後ろで取れれば、オランダ戦のように前のスペースが活きてくる。そこを上手く抜け出して、パスをもらえるようにしたい。相手がどんなフォーメーションで来るか分からないけど、試合中に察知しながら戦いたい」


 西川が話す通り、思い通りの展開にならないのは、選手たちも承知している。苦しい時間帯は我慢し、一瞬の隙を突いてゴールを奪う。これまで通りの戦いが出来れば、十分に勝機はある。

「3試合やって無失点というのは自信になったと思う。得たものをぶつけて、みんなの想いが詰まったひとつのゴールを決めて勝ちたい」とは森山監督の言葉。3試合で培った経験値をフルに使い、過去最高の8強入りを掴み取る。

取材・文●松尾祐希(フリーライター)

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ