エムバペを磨いた「子供の習い事」とは? スピードスターの知られざるルーツ

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年10月30日

マイクの前できちんと発言できる理由。

会見などでも軽妙なトークを見せるエムバペ。(C)Getty Images

画像を見る

 スポーツ一家のエムバペ家は当然、フットボーラーを志す息子を後押ししながら、同時に人生の可能性を広げるように、さまざまな選択肢を用意した。そうしてキリアン少年が3年間所属したのが演劇クラブと音楽スクールだった。音楽スクールではフルートを習った。

 なかでも演劇の経験は、人格形成において重要な役割を果たした。エムバペがデビュー当時からマイクの前できちんと発言できるのは、その経験が大きくモノを言っている。彼はフレーズを作ることができるのだ。しかも、強弱や「間」も心得ていて、発言をちょっとした「フェイント」で締めくくり、笑いで落とすことができる。

 こうした表現力は現在のフットボーラーにとっても実はとても重要な要素で、それがあれば批判や論争の的になってもその拡大を防ぐことができる。

 昨夏のロシア・ワールドカップでも、キリアンは達者ぶりを見せつけた。モスクワ北郊のフランス代表のキャンプ地イストラで連日行なわれた会見は、まさにキリアンの独壇場だった。それに感化されたアントワーヌ・グリエーズマンとポール・ポグバが態度を改め、報道陣に対してずっとオープンになったほどだ。「エムバペひとりにおいしいところを持っていかれるわけにはいかないと」そう思ったのだ。

 かくしてエムバペは、グリエーズマンとポグバを発言できるリーダーに変えたのだった。

文:ヴァンサン・デュリュック(レキップ紙)
翻訳:結城麻里
※『ワールドサッカーダイジェスト』2018年9月20日号より転載

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ