エムバペを磨いた「子供の習い事」とは? スピードスターの知られざるルーツ

カテゴリ:ワールド

ワールドサッカーダイジェスト編集部

2019年10月30日

4歳ではっきりと自分の夢を語る。

20歳にして今や世界的なスピードスターに伸し上がったエムバペ。(C)Getty Images

画像を見る

 キリアン・エムバペはパリ郊外の出身だ。だが、いわゆる「郊外っ子」ではない。夜の街を徘徊するタイプでもなければ、周囲に見捨てられた子でもない。中産階級の家庭で不自由なく育った、郊外出身の子弟だった。(訳者・注/「郊外っ子」には、貧困、差別、失業、麻薬、暴力、殺人など厳しい環境で育った子という意味があると同時に、そうした困難に立ち向かって生き抜いてきたエネルギッシュな若者といったイメージもある)。

 カメルーンにルーツを持つ父ウィルフリッドは、イル=ド=フランス(首都パリの地域圏)では良く知られた少年サッカーの指導者で、アルジェリアがルーツの母ファイザは、1部リーグで活躍したハンドボール選手だった。

 エムバペ一家はパリ北東郊外のボンディに居を構えていたが(ボンディは、フランス全土に拡大した2005年のパリ郊外暴動事件でも有名になった町で、スイス人ジャーナリストが「ボンディ・ブログ」という密着報道を発信した、パリ北東郊外の中心地でもある)、低家賃の荒んだ公営団地ではなく、5階建てのマンションで暮らしていた。すぐ隣にはスタジアムがあり、父はそこで監督をしていた。

 フットボールが身近にあったキリアン少年が、フットボーラーを目指したのはごく自然な流れだった。だから、「その瞬間」を特定するのは難しい。少年が、いつ、どうして、フットボーラーになろうと決意したのか、そのきっかけをはっきりさせるのは不可能だ。少なくとも分かっているのは、4歳の時に父にこう告げたという事実だ。

「僕、クレールフォンテーヌに行くよ。その後はレアル・マドリーでプレーするね」

 クレールフォンテーヌとは、言わずと知れたフランスが世界に誇るエリート養成機関だ。キリアン少年が憧れていたティエリ・アンリもクレールフォンテーヌの卒業生だ。ちなみに、そのアンリよりも少年が熱を上げていたアイドルはクリスチアーノ・ロナウドで、子供部屋の壁を埋め尽くしていたのはそのポスターだった。

 ただ、「フットボールの天才」は、しかし学校生活にはなかなか馴染めなかったようだ。彼の頭脳とエスプリは猛烈なスピードで同級たちの先を進み、退屈な授業に集中できず、先生たちを苛立たせたのである。

 母ファイザは一計を案じた。自作のチェックシートを息子に持たせ、授業をちゃんと受けたか、教師に確認のサインをしてもらうようにしたのだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月21日発売
    課題はこれで解決!
    欧州ビッグクラブ
    「冬の改造プラン」
    FOOTISTAシリアルコード付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ