【タジキスタン戦|展望】2次予選のひとつの山場へ。森保監督、長友らが警戒する相手の特長とは?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年10月15日

人工芝への適応もポイントに

試合会場となるリパブリカン・セントラル・スタジアムでトレーニングを行なう日本代表。人工芝への適応も大事になりそうだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 日本はさらに人工芝への適応も強いられる。キャプテンの吉田麻也は「だいぶボールが足もとに入るなということと、バウンドも変わるし、水を撒いてもすぐに乾いちゃうらしいので、足が引っかかるなというのはありました。引っかかる分、イレギュラーが起きやすい。だから細かいことを細かいところでできないのかなという感じですね。ダイナミックなことをして相手を揺さぶりたいです」と語る。

 そう考えると、丁寧なビルドアップに固執するのではなく、モンゴル戦のように永井や伊東らのスピードを活かしたシンプルな崩しが必要になるだろう。
 モンゴル戦では、右サイドの酒井、遠藤、伊東、左サイドの長友、柴崎、中島のコンビネーションが良く、クロスから多くのチャンスを作り出した。センタリングには工夫が必要だが、サイドからの攻撃も、タジキスタン戦では有効な選択肢になるだろう。

 タジキスタンを破れば、早々に予選突破を決められるシチュエーションも見えてくる。冷静に試合を進めながら、勝点3を手にしたい。

取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表練習 PHOTO】タジキスタン戦へ向けて前日練習!過ごしやすい気候で選手も笑顔!

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ