【タジキスタン戦|展望】2次予選のひとつの山場へ。森保監督、長友らが警戒する相手の特長とは?

カテゴリ:日本代表

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年10月15日

久保はタジキスタンのサイド攻撃を警戒

タジキスタンは4-1-4-1のシステムを採用か。日本は相手のフィジカルを活かすスタイルに警戒したい。

画像を見る

 10月15日、日本代表はカタール・ワールドカップのアジア2次予選の第3戦として、アウェーでタジキスタンと対戦する。

 日本は9月の敵地でのミャンマー戦を2-0で制し、先日のホームでのモンゴル戦には6-0と快勝。対するタジキスタンもキルギス、モンゴルをともに1-0で下しており、連勝中の両チームの対戦は、今2次予選でポイントと呼べる一戦になりそうだ。

 対戦するタジキスタンの印象を森保一監督は「個々のフィジカルのある、推進力のあるチームだと思います。個々の技術もしっかりしていて、オーガナイズされているチームです」と説明する。

 また長友佑都は「フィジカルに優れた選手が多いですし、スピードもあります。そういったフィジカルを活かしてくるやり方をしっかり研究して止められないと良いサッカーができないと思います」と語り、久保建英は「サイドにダイナミックに仕掛けてくる選手がいたり、フィジカル面も強いので、モンゴル戦でも球際で勝っていました。かといって、モンゴルに攻められている部分もあったので、逆にディフェンス面は穴があるのかなと感じます」と分析する。
 一方のタジキスタンのウスモン・トシェフ監督は前日会見で「日本代表は世界レベルのチーム。明日のゲームはサポーターの皆さんに驚いてもらえるように良い試合をしたい」と意気込んだ。日本のFIFAランキングは31位で、タジキスタンは115位。実績では日本が上回るが、タジキスタンは挑戦者として果敢な戦い方をしてくるはずで、人工芝など地の利を活かして、日本撃破を狙ってくるだろう。

 日本として気を付けたいのは、10番を背負う中盤のキーマン、A・ジャリロフか。攻守をつなぐ彼を抑えることで、試合の主導権を握りたい。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ