【ACL採点&寸評】浦和1-1上海上港|4強入りの立役者はエース興梠!! ブラジルコンビも躍動

カテゴリ:Jリーグ

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年09月17日

浦和――興梠は文句なしのマン・オブ・ザ・マッチ

貴重な先制ゴールを決めたのは興梠。チームを準決勝に導いた。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

MF
7 長澤和輝 6

攻撃だけでなく守備でも精力的にチームを支えた。特に橋岡が上がった右サイドのスペースをケアした働きは大きい。

12 ファブリシオ 6.5(86分OUT)
シャープな動きと力強いボールキープにコンディションの良さを感じさせた。ほとんどボールを失わず、丁寧に味方に散らしながら攻撃をリードした。

FW
MAN OF THE MATCH

30 興梠慎三 7
39分に華麗なジャンピングヘッドで先制点を奪取すれば、時に鋭く抜け出し相手に畏怖を与え、中盤まで下りてゲームメイクまでこなした。出色のパフォーマンスで文句なしのマン・オブ・ザ・マッチに選出。
交代出場
MF
29 柴戸 海 ―
(78分IN)
エヴェルトンに代わってボランチに入ると、中盤の広範囲を奔走。さらに阿部が投入された後は左ウイングバックで奮闘した。

MF
22 阿部勇樹 ―
(83分IN)
運動量はさほど多くはなかったが、ボランチから味方に声をかけてチームを締めた。押し込まれる展開でも冷静さを欠かなかった。

FW
9 武藤雄樹 ―
(86分IN)
最終盤にピッチに立つと、前線を走り続ける。攻撃時にはスプリントを繰り返してパスを引き出し、守備になればプレッシングを怠らなかった。

監督
大槻 毅 6.5

マウリシオの出場停止を受け、鈴木を3バックに中央に配置。またファブリシオの先発起用も効果的だった。

【ACL PHOTO】浦和 1-1 上海上港|2年ぶりの4強進出!アウェーゴール数で上回り上海上港を撃破!

※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。

取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)
【関連記事】
今季最少の動員数2万2,640人が示す低迷ぶり…浦和レッズは復活できるのか
【セルジオ越後】“横綱”になれないレッズ、混迷するヴィッセル…Jリーグの質の低下が心配だ
浦和、2年ぶりのACL4強進出!2戦合計3-3もアウェーゴール数で上回り上海上港を撃破!
「もうね、次元が違う」小野伸二が語るイニエスタとJリーグの助っ人事情
“#始球式のオファー待ってます”槙野智章、ストライク投球の動画公開でファンからは「カープ戦で」「甲子園で」と指名続々!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    7月15日発売
    完全保存版
    EURO2020
    大会総集編
    熱狂の全試合を網羅!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月12日号
    7月21日発売
    いよいよ開幕!
    東京五輪・男女サッカー
    展望&ガイド
    金メダル奪取への道筋を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月15日発売
    EURO2020
    出場24か国の通信簿
    &欧州主要クラブ
    開幕フォーメーション大予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ