【松木安太郎】久保建英や永井謙佑をどう生かすのか?ミャンマー戦はオプション作りも焦点のひとつだ

カテゴリ:日本代表

松木安太郎

2019年09月09日

難しい初戦。前半で試合を決めて、後半他の選手を試せれば理想的だ

パラグアイ戦でも貴重な先制点を挙げ、前線の軸として躍動している大迫勇也。戦力として不可欠なだけに不在時の対応も求められる。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 10日のワールドカップ2次予選の初戦、ミャンマー戦は、おそらくパラグアイ戦のスタメンが、そのまま出場するだろう。私もそれでいいと思う。初戦というのは雰囲気が違うし、ましてやアウェーゲームだ。しっかり勝ちきるには、経験のある選手を軸に据えるのが常套手段だよ。

 そのうえで、前半で複数得点を奪って、試合を決められれば理想的だ。他の選手を試すこともできるからね。ワールドカップ予選の交代枠は3つ。親善試合とは違って、試せる駒は少ないから、誰を使うかで森保監督の思考も読めるはずだ。
 
 個人的には、前線の選手を積極起用してほしいね。特に最前線、大迫の代役探しを最優先で進めたいところだ。
 
 パラグアイ戦に出場した永井はもちろん、Jリーグで奮闘している鈴木武蔵も見てみたい。彼らが”スタメン組”と上手く化学反応を起こさないことには、いつまで経っても大迫頼みの状態が続いてしまうからね。
 
 ただ、ゼロトップというのもひとつの手だ。南野を最前線に上げて、トップ下に久保を入れる。この形で中島と久保が共存できれば、日本の新たな武器になる可能性もあるよね。やっぱり久保は非凡なモノを持っているから、様々な可能性を探ってみても良いと思う。
 
 それに、ボランチの人選も焦点のひとつだ。柴崎岳は鉄板として、その相棒を誰が務めるのか。橋本拳人はパラグアイ戦で及第点のパフォーマンスを披露し、監督の信頼を勝ち取ったと思う。これをワールドカップ予選でも続けられれば、他のライバルに差をつけるかもしれない。

 一方で、遠藤航をはじめとする他のボランチ陣も黙ってはいないはずだ。サイズのある板倉滉あたりは、世界と戦う時にセットプレー対策にもなるからね。どんどん競争して、チームとしての底上げを図ってほしい。
 
 いずれにせよ、ミャンマー戦は絶対に勝たなければいけない試合。ここはスッキリと勝点3を取って、10月の2試合(10日/モンゴル戦、15日/タジキスタン戦)につなげたいね。

【日本代表 練習PHOTO】ミャンマー戦へ向けて、試合会場となるトゥウンナスタジアムで汗を流す!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 6月11・25日合併号
    5月28日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人がセレクト!!
    Jリーグ歴代
    最強チームはどれだ!?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ