アルバニア国歌と国名を間違える赤っ恥! フランス代表戦での“事件”はなぜ起きた?【現地発】

カテゴリ:ワールド

結城麻里

2019年09月09日

騒動は国歌の間違えだけにとどまらず…

選手たちに試合のボイコットを支持したアルバニアのレヤ監督は、フランス側の謝罪をどう受け止めたのか。(C) Getty Images

画像を見る

 しかし問題は、これだけではなかった。

 事の重大さに恐縮したフランス側は、直ちに「マックス」の愛称で知られる場内アナウンサーが、事態の説明の意味を込めて、スタジアム内に謝罪を行なった。ところが、これがまずかった。なんと同アナウンサーは、「アルメニアの皆さまに陳謝します」と口走ってしまったのだ。

 これで二度も赤っ恥をかいてしまったフランス。試合では915本もの華麗なパスを繋いで4-1で圧勝したものの、直後の記者会見に現れたディディエ・デシャン監督は、真剣な顔つきで謝罪の意を表した。

「私自身もアルバニアのベンチ陣とレヤ監督に謝罪した。フランス・サッカー連盟のノエル・ルグラエット会長もスタンドのほうで謝罪した。起きてはならないことだったが、残念ながら起きてしまった。アルバニア人の立場はよく理解できる。最初はアルバニア人の口笛がなぜなのか分からなかったが、こんなときに自分の国歌をあくまでも待つのは当然だ。私はここでもう一度謝罪する」

 一方のアルバニア側は、フランスの誠意ある謝罪をしっかりと受け止めた様子だ。レヤ監督が「オーガナイズに欠如があったが、いい終わり方で良かった」と理解を示せば、ある選手は次のように心境を明かしている。

「自分たちの国歌じゃないものを聞いたときは本当に驚いた。自分たちの国歌が流れないうちはプレーなんかできないと思った。でもこれは起こりうるミスだ。これまで僕たちが経験したことはなかったけど、人為的なミスだと思う。試合前にちょっと確認さえしておけば避けられただろうけどね。でも観衆が、僕たちの国歌が流れている間、拍手してくれたのを見た。美しい行動だったと思う」

 国歌の間違えは、前代未聞とまでは言い切れないものがある。というのは、過去に何度か起きているからだ。最近でいえば、2016年のコパ・アメリカで、ウルグアイの国歌斉唱時にチリ国歌が流れたことが記憶に新しい。

 とはいえ、7日の夜にフランス国民が肝を冷やしたのは、間違いない事実だろう。『L’EQUIPE』は8日の記事内で、「バルカン諸国の平和のためにも、セルビア国歌が流れなくてよかった」と自嘲気味のジョークを綴ったが、内心、彼らも本気でホッとしていたことだろう。

取材・文●結城麻里
text by Marie YUUKI

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ