日本代表スタッフ藤田俊哉氏に訊く――注目される東京五輪世代の移籍。期待のストライカーに挙げたのは?

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月04日

「久保はいかにプレー機会を掴めるかが今後の鍵になる」

――東京五輪世代組に話を移すと、今夏には多くの選手が欧州クラブへ移籍しました。
「今夏の移籍で、最も注目を集めたのはレアル・マドリーに移籍した久保建英だろう。その後、レアル・マドリーからマジョルカにレンタルされたわけだけど、スペイン1部リーグのクラブでのプレーは、彼にとって良い舞台なのではないかな。そのままレアル・マドリーのBチームでのプレーとなれば、スペイン3部リーグが主戦場になるわけだから、彼が決断したローン移籍も理解できる。いかにプレー機会を掴めるかが今後の鍵になる」
 
――その他の選手はいかがでしょうか。
「冨安健洋、中島翔哉、そして堂安律の3人は、ステップアップを果たしたと言える移籍だろうね。シント=トロイデンからボローニャへ移籍した冨安は、ディフェンダーの選手として、守備の文化を持つイタリアのリーグを選んだのはとても良かった。中島はポルトガルの名門クラブであるポルトのエースナンバー10番を背負うことになった。堂安はオランダの2強の一角、PSVへと移籍した。堂安が移籍した際、オランダ国内では多くのメディアで取り上げられていたよ。あのPSVが違約金10億円近くを払ってまで獲得した選手なんだから価値がある。トップレベルの代表クラスが揃うPSVでのレギュラー争いは熾烈極まるだろうが、それを勝ち抜いていけたら、おそらくPSVからマンチェスター・ユナイテッドへ移籍したパク・チソンのようになれるだろう」
 
――現在、ヨーロッパはシーズンが始まったばかり。各選手が新天地でまだ立場を確立していないからこそ、今回の2次予選は国内組中心のメンバーで戦うのも、有りではないかと予測していました。
「先ほども言ったように、こうした議論は必ず出てくる。新戦力を試せるチャンスとも言えるわけだから。メッシやクリスチアーノ・ロナウドのようなスーパースターでないかぎり、選手は所属クラブでも、代表チームでも激しいレギュラー争いを勝ち抜かなければならない。ドルトムントやマンチェスター・ユナイテッドでプレーした香川真司もスペインで新たな刺激を受けながら挑戦している。好スタートを切った柴崎岳もシーズンを通しての出場機会が重要になる」
 
【関連記事】
北中米遠征中のU-22日本代表をメキシコ紙が特集! 安部裕葵、上田綺世とともに“傑出している”と評されたのは…
日本代表が背番号を発表!気になる久保建英は17番、10番は中島翔哉に
「5分でも、結果を出すのが僕の仕事」鮮烈プロ初弾、鹿島・上田綺世への関係者評は?
中田英寿、中村俊輔、本田圭佑…。久保建英が過去の代表スターを超える可能性は?
バルサスタイルの作り方にペップの金言… 欧州名門アカデミーの指導者たちが語った育成の共通項

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月7日発売
    2022-23シーズン到来!
    新・主役候補TOP50
    話題沸騰のタレントを一挙公開
    カタールW杯ガイドブックも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ