バルサスタイルの作り方にペップの金言… 欧州名門アカデミーの指導者たちが語った育成の共通項

カテゴリ:高校・ユース・その他

木之下潤

2019年09月04日

名門アカデミーが見せる基本的なサッカーとは?

U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジに参加したバルセロナ。写真:木之下潤

画像を見る

 9月1日、パナソニックスタジアム吹田で「FCバルセロナvs.FCバイエルン・ミュンヘン」の対戦が実現した――。
 
「U-12ジュニアサッカーワールドチャレンジ2019」の最終日に行なわれたフレンドリーマッチではあったが、名門クラブ同士のガチンコ勝負を間近で観戦できたことに心が躍った。
 
 試合は、序盤から激しい主導権争いが展開された。
 
 両チームともボールを奪われたら素早く攻守を切り替え、ボールに対して厳しく圧力をかける。そのスピードと迫力はトップチームさながらのプレーだった。そして、そのプレスをかいくぐるビルドアップもまた見事だった。ボールを奪ったらゴールキーパーが即フィールドプレイヤーの一員となり、数的優位を作り出す。相手守備群を回避するために斜め後ろ、横と安全なパスコースを作りながら後方の選手全員で守りが手薄なほうへとボールを運び出す。たとえ、その過程で危険が生じた場合でも、味方にパスをつなぐことは諦めない。前線の選手目掛けてボールを保持するためのロングパスを送り出す。
 
 攻撃側が後方からのビルドアップでボールをきちんと相手守備の手薄なところまで流れ出せたら、今度はなるべく早く縦、または斜め前へとボールを前進させ、時間をかけずに敵陣への侵入を試みる。そこからアタッキングサード(オフェンスゾーン)に入れば、個人のアイデアを尊重しながら自由に攻撃を仕掛ける。
 
 これらのサッカーはバルサ、バイエルンに関係なく、両チームに共通したプレーだった。さらに、それが途切れることなく安定して行なわれたという現象に日本が学ぶべき点がある。例えば、彼らが披露したサッカーは、世代を問わずプレーできなければならないオーソドックスなものだ。きっと世界共通の基本的なプレーと言えるものだろう。過去にブラジルのパルメイラス、ポルトガルのスポルティングCF、スペインのアトレティコ・マドリーなどの同世代の試合も取材した経験があるが、大局的には同じようなサッカーが見受けられる。
 
 だが、日本のJアカデミーや強豪街クラブには、この基本的なサッカーが“安定して”見られることはない。もちろん、「まだ成長過程にあるジュニアの選手だから」という理由もあるだろうが、今大会に出場したナイジェリア選抜、トヨタ・タイランド(U-12タイ代表)などのチームは、安定してそういったサッカーができていた。
 
 そこで大会中、FCバイエルン・ミュンヘンのソンウェーバー・ラファエル監督、FCバルセロナのアルベルト・プッチ・アルカイデ監督のふたりに「選手育成で大切にしていること」をテーマに取材をした。理由は、このふたつのクラブが考える「育成の共通点」に日本が学ぶべきことがあると思ったからだ。そこには“サッカーというスポーツの普遍的で大局的な捉え方”が潜んでいた。
 
【関連記事】
才能だけで久保建英は生まれない。元バルサ育成指導者が日本の状況に覚えた違和感とは
「鳥栖の育成を改革したい!」F・トーレスが明かした驚きのセカンドキャリア。“神の子”はなぜ引退後も日本に残るのか?
久保建英、A代表デビューの意味。天才少年の理想的な足跡に育成のあるべき姿が見える
ブラジルのGK育成事情に迫る! 「行くところには草も生えない」と揶揄される国でアリソンらはいかに育まれたのか?
「欧州カップ戦のために、とは考えない」のになぜ有望株が集まるのか? ドイツ屈指の”育成処”フライブルクのブレない哲学【現地発】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月27日号
    1月13日発売
    J1&J2全40クラブの
    最新陣容
    各クラブの気になる
    刷新ポイントは?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月16日発売
    特別企画
    1930→2018
    全21大会を振り返る
    W杯全史
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ