北中米遠征中のU-22日本代表をメキシコ紙が特集! 安部裕葵、上田綺世とともに“傑出している”と評されたのは…

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年09月05日

清水エスパルス生え抜きの長身DFに脚光!

バルセロナ所属となった安部(左)、そしてコパ・アメリカでA代表デビューを果たした上田(右)とともに注目されたのは…。 (C) Getty Images

画像を見る

 8月30日、日本サッカー協会は、中南米遠征に参加するU-22日本代表のメンバーを発表。遠征は9月2日から11日にかけて行なわれ、U-22日本代表は、現地時間9月6日にU-22メキシコ代表、9日にU-22アメリカ代表と対戦する。

 招集メンバーには6月のコパ・アメリカでA代表デビューを飾った上田綺世(鹿島)や前田大然(マリティモ)、今夏にバルセロナに移籍し、現在はBチームに所属している安部裕葵のほか、トゥーロン国際大会の準優勝メンバーである小川航基(水戸)らが選出された。

 U-22メキシコ代表は現在、来夏に迫った東京五輪への出場権争いのさなか(10月に決定)ということもあり、開催地代表との親善試合は、現地での注目度も高いようだ。

 2日にメキシコ入りし、翌日からセラヤのアラモカントリークラブでトレーニングを行なったU-22日本代表の様子を報じたメキシコ紙『Periódico am Noticias』は、「日本は来年の五輪でメダルを目指しており、予選は免除されているが、今回選出されたメンバーはメダル獲得のチーム作りを踏まえた上でのものだ」と伝えている。

 さらに、日本チームについて「非常に競争力のあるチームであり、優れた規律と品質を備えている」と評した。そして、注目すべき選手を3人ピックアップして紹介した。

所属チームでコンスタントに出場を続けている立田。 (C) SOCCER DIGEST

画像を見る


「今回のチームの中で最も注目を集め、目立つのは、10番を背負うだろうと想定されているヒロキ・アベだ。彼はバルセロナの目に留まった、日本サッカーの宝石。将来的なスターに成長する条件を備えている。

 もうひとりは、アヤセ・ウエダ。素晴らしいスピードと前線でのクオリティーは、6月に行なわれたコパ・アメリカで3試合に出場したことが証明している。

 そして、最後のひとりが日本サッカーの最も伝統的なチームである清水エスパルスに所属しているDFユウゴ・タツタだ。彼もコパ・アメリカでA代表デビューした長身のDFで、今後、海外でプレーするに値する能力を備えた新星も、このチームに帯同している」

 立田悠悟は、清水エスパルス下部組織出身で、191センチの長身を誇るCBだ。世代別代表の常連であり、東京五輪世代を中心に構成されたコパ・アメリカにA代表として招集され、ウルグアイ戦で代表デビューも飾っている。

 今回はA代表に招集されている同世代の堂安律、冨安健洋、板倉滉、久保建英らは不在だが、名前の挙がった安部、上田、立田以外にも、東京五輪を目指す若手にとっては今回の海外遠征でアピールに成功するか否かが、今後の選出に大きく響いてくることになりそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ