【連載】ミラン番記者の現地発・本田圭佑「だからミラノ・ダービーの先発落ちは“ビッグニュース”だった」

カテゴリ:ワールド

マルコ・パソット

2014年11月26日

イタリア語で答えようとする姿に記者から拍手が。

好調を支える重要な要因のひとつが、理解度が進んだイタリア語の向上だ。 (C) Getty Images

画像を見る

 なぜ、本田はここまで進歩を遂げることができたのか? それを解くキーワードがフィジカルコンディション、チームワーク、そしてイタリア語だ。
 
 この3つの基本となる要素が、昨シーズンの本田には欠けていた。なかでもフィジカルコンディションはもっとも重要だ。足がよく回り、身体が思うように動けば、冷静にプレーでき、その結果、場面場面で最高の判断ができる。
 
 この夏、本田はワールドカップ後に2週間の休暇を取っただけで、ミランとともに過ごした。私はこれが非常に重要だったと思う。おかげで長くハードなシーズンを戦い抜けるだけのフィジカルができたし、何日もともに過ごせば、チームメイトとのピッチ内外での対話も多くなり、新監督インザーギの考えも分かるようになる。
 
 こうした時間を持てなかった昨シーズンに比べて、いろいろなことが見えてきたはずだ。いま、本田は相手GKの前に行けばゴールをする。ヴェローナ戦(7節)での2点目はまさにその好例だ。
 
 右サイドではアバーテとの連係もぴったり合ってきている。本田はこのサイドバックの動きを完璧に飲み込み、彼が飛び出した時は次に何が起こるのかを理解している。本田はアバーテのために道を開け、その動きに注意する。パルマ戦(2節)でのゴールは、練習で何度も繰り返していたような、非常に見事で綺麗なゴールだった。
 
 そして言葉。イタリア語の進歩は顕著で、いまはチームメイトとある程度のコミュニケーションは取れるようになっている。少し前の記者会見では、質問にイタリア語で答えようとする姿も見られ、記者の間からは拍手が沸き起こった。
 
 相変わらずシャイで寡黙なところは変わらないが、おかげで最近ではメディアの好感度も上がってきている。デルビーの後も本田はあまりしゃべらなかったが、それでも彼の失望は伝わってきた。
「これは僕の最初のデルビーだったから、やはりレギュラーとしてプレーしたかった。ベンチスタートだったのは残念だけど、でも監督の決定は尊重する。それにここ数試合は僕もゴールしていないし……」
 
 短い言葉ながら、彼の気持ちが全て集約されている感じだった。レギュラーから外れた事実にがっかりした反面、プロとしてインザーギの決定を素直に受け入れる。そして真摯にみずからの足りなさを振り返る。こうした聡明さと率直さとプロ精神こそ、本田が監督たちから愛される所以だろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ