【採点&寸評】神戸0-2バルセロナ|イニエスタ、ビジャ、ラキティッチらが夢の共演…最高評価を叩き出したのは?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月27日

神戸――安井、中坂らはよく“戦った”

イニエスタは随所で高度なテクニックを披露。古巣戦で躍動した。写真:徳原隆元

画像を見る


交代出場
DF
3 渡部博文 5(HT IN)
72分のボールロストは致命的。前川のファインセーブに救われたが、不安定さは否めなかった。
 
DF
22 西 大伍 5(HT IN)
後半開始直後はやや硬さを感じさせ、59分にC・ペレスのマークを外し、先制点を献上。その後も何度か左サイドを突破された。
 
DF
25 大﨑玲央 5.5(HT IN)
リーダーシップは見逃せなかった。身振り手振りを交えて味方に指示を繰り返し、チームの守備バランスを保とうと奮闘した。
 
DF
32 橋本 和 5.5(HT IN)
ハイライトは68分だ。左サイドでウェリントンのスルーパスを受けると、そのままエリア内に侵入し、ゴールを狙った。81分にデンベレに尻もちをつかされたのが悔やまれる。
 
MF
20 増山朝陽 5.5(HT IN)
相手陣内のスペースに素早く動き出して精力的にパスを引き出した。持ち前のドリブルが見せられなかったのは反省材料だ。
 
MF
31 中坂勇哉 6(HT IN)
相手とのマッチアップでも激しく戦い、82分には相手の一瞬の隙を突いてビッグチャンスを得る。アグレッシブな姿勢は素晴らしかった。
 
MF
35 安井拓也 6(HT IN)
相手のパスワークについていけないシーンもあったが、バイタルエリアでボールを持った時には様々なアイデアでバルサの守備を崩そうとした。

FW
17 ウェリントン 6(HT IN)
自慢のフィジカルを活かしたポストワークはなかなか見せられずも、鋭いサイドチェンジで魅せた。守備も怠らなかった。
 
FW
21 田中順也 5.5(HT IN)
せっかく度々訪れた相手ゴール前でのシュートチャンスも、モノにできず……。ヒーローになり損ねた。
 
GK
28 吉丸絢梓 ―(83分IN)
ビハインドの状況でも落ち着いて試合に入った印象。見せ場は多くなかったが、貴重な経験になったのは間違いないだろう。
 
DF
40 小林友希 ―(83分IN)
80分過ぎに投入されただけにボールを触る機会は少なかった。もっとも終盤には相手のエリア内への侵入を阻止して健闘。
 
DF
2 那須大亮 ―(87分IN)
試合の最終盤に投入される。プレー時間は短かったものの、スムーズにゲームに溶け込んだ。
 
監督
トルステン・フィンク 5.5
常にテクニカルエリアいっぱいまで乗り出して細かくコーチング。親善試合とはいえ、決して軽く見ずに臨んだ姿勢は素晴らしい。しかし最後まで反撃の手立ては見いだせなかった。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を及第点とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ