「イニエスタがこんなに幸せそうなら…」バルサのラキティッチ、対戦する親友への想いとJリーグ入りの可能性を語る【独占インタビュー】

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月27日

「アンドレスと対戦するのは変な感じ」

独占インタビューに応じるラキティッチ。率直に質問に答えてくれた。写真:Rafa HUERTA

画像を見る

 プレシーズンツアーのため、日本に滞在しているバルセロナのクロアチア代表MFイバン・ラキティッチが、『ワールドサッカーダイジェスト』の独占インタビューに応じてくれた。
 
 このインタビューは、7月27日に開催される『楽天カップ』のヴィッセル神戸戦の前日に、神戸市内のホテルで行なった。本編は8月19日発売の『ワールドサッカーダイジェスト』に掲載予定だが、ウェブ版としてその一部を紹介しよう。
 
――今日は過密スケジュールのなか、ありがとうございます。まだ眠そうですね?
 
「うん、実は起きたばかりなんだ。今朝は練習をなしにしてもらって、ようやく少し休めたからね」
 
――もう時差ボケは問題ないですか?
 
「いい感じだよ。よく眠れるしね。練習して、寝て……。ホテルから出られないし、仕方ないよね(笑)」
 
――埼玉スタジアムでのチェルシー戦では、素晴らしいゴールを決めました。
 
「すごく満足しているよ。今シーズン最初の試合でプレーして、日本でゴール決められてね。ここでは、周りの人たちの愛情やサポーターからの応援を肌で感じることができる。そのうえ、チームのプレシーズン最初の得点を、僕がマークすることができた。順調な滑り出しになったよ」
 
――お箸の扱いの方が、ボールを扱うより難しそうですね。
 
「日本の人たちみたいに、毎日訓練すれば違うんだろうけどね。昨日はアンドレス(イニエスタ)が和食の素敵なレストランに連れていってくれてね。そこでは、お箸を使って食べたよ。魚や寿司……ちょっとずつ、いろいろなものをね」
 
 
――元チームメイトでもあるそのイニエスタとの対戦を控えて、どんな気持ちですか?
 
「アンドレスと対戦するのは、ちょっと変な感じだね。でも、彼がここですごく幸せで、周りからも愛されていて、家族も日本での生活を楽しんでいるのを嬉しく思うよ。反面、彼がいないのはすごく寂しいけどね。でも、ここで満足していることが、僕にとっても喜びなんだ」
 
――あなたにとって、イニエスタはどんな存在ですか?
 
「サッカー関係者の中で、最も親しい人のひとりなんだ。ピッチの中だけじゃない。むしろピッチの外でね。彼とは親友なんだ。サッカーのことより、プライベートなことについて、たくさん話すしね。この先も一生、付き合っていく友人だよ」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ