「考え方がストライカーっぽくなってきた」FC東京・長谷川監督の“賛辞”に永井謙佑はどう答えた?

カテゴリ:Jリーグ

川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

2019年07月08日

「タケが抜けて…ようやく個々の良さを出せるようになってきた」

ゴールをお膳立てした永井(左)に感謝の意を示すD・オリヴェイラ(右)。FC東京が誇る強力2トップだ。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 指揮官の言葉を受けて、永井はこう答えた。
 
「僕とディエゴが(点を)取れていないなかで、タケ(久保建英)やサンホが取ってくれて、すごく責任を感じていた。自分たちが取らなきゃという責任感はついたと思う。いまはとにかく、代表、代表というよりも、東京で優勝したいって意欲が強い。チームでの結果によって、代表というのも見えてくると思いますし」
 
 久保のレアル・マドリー移籍が決まり、その直後に連敗を喫するなど、チームには一時的に不穏な空気が漂った。だが前節の横浜F・マリノス戦、そして日曜日のG大阪戦と、攻守両面に質の高いパフォーマンスを示して連勝を飾り、その2試合で永井はエースの面目躍如たる貴重なゴールを決めている。
 
「タケはそれまで15試合出ていたわけで、ずっと(タケが)いるリズムでやっていた。そこからタケが抜けた。選手が代わって、ようやく個々の良さを出せるようになってきましたね。健太さんの力もあると思うし、みんなが良い方向に向かっていると感じます」と、確かな手応えを口にした。
 
 久保がいなくなったFC東京の攻撃陣を、力強く牽引する30歳。いまだ進化の途上にある韋駄天が、悲願のリーグ初制覇への水先案内人となるか──。
 
取材・文●川原崇(サッカーダイジェストWeb編集部)

【FC東京 PHOTO】ホームで着実に勝ち点3を上積み!笑顔でサポーターの声援に応えるイレブン!

【FC東京3-1G大阪 PHOTO】G大阪に先制を許すも永井が2分で2発!ディエゴ・オリヴェイラのダメ押し弾もアシストした永井が大暴れでFC東京が首位をがっちりキープ!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月27日発売
    充実の決定版が完成!
    2019-20
    EUROPE SOCCER TODAY
    完結編
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月24日号
    9月10日発売
    引退記念特集
    ありがとう! 内田篤人
    骨太キャリアを完全収録
    J1&J2全クラブ戦力チェックも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月17日発売
    2020-21欧州各国リーグ
    開幕ガイド
    メガ15クラブの
    選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ