• トップ
  • ニュース一覧
  • 「不正を疑ったものだよ」44年前のセレソン主将が振り返る、ペルーとの浅からぬ因縁とは?【コパ・アメリカ決勝】

「不正を疑ったものだよ」44年前のセレソン主将が振り返る、ペルーとの浅からぬ因縁とは?【コパ・アメリカ決勝】

カテゴリ:ワールド

石川聡

2019年07月07日

1978年W杯では一大スキャンダルに発展

 疑惑の温床となっているのが、アルゼンチンの試合のキックオフがブラジルの試合より2時間半遅かったこと。アルゼンチンはブラジルの試合結果を見て、ペルー戦で4点差の勝利で首位確定となるのを知る。もちろん、必要な得点数が分かっても、それを達成できる保証はない。しかし、アルゼンチンは大会得点王に輝くマリオ・ケンペスの2ゴールなどで圧勝してしまった。

 国家ぐるみの裏取引も、まことしやかに囁かれている。当時は軍事政権だったアルゼンチンのホルヘ・ビデラ大統領が、目ざす結果と引き換えにペルーへ経済援助を申し出たという噂さえある。ワールドカップを国威発揚のためにも使おうと目論む軍事政権は、内にも外にも自国の優越、正当性を示す必要があったというわけだ。

 百年を超える長い歴史の中で、さまざまな出来事に彩られた南米サッカー。こうしたサイドストーリーもまた、それぞれの対戦を興味深いものにしている。

 なお、1982年にスペインで行なわれたワールドカップでも、グループリーグ最終戦で試合日が1日ずれたため、西ドイツ対オーストリアのようないわゆる談合試合が生まれてしまった。こうした弊害を避けるために、現在ではグループリーグ最終戦のキックオフは同時刻に設定されている。

文●石川 聡
【関連記事】
「ブラジルが勝つために審判がいる」「汚職のせい…」疑惑の退場にブチ切れたメッシが表彰式をボイコット!
メッシがまさかの一発退場…。ジャッジで荒れた3位決定戦はアルゼンチンが“因縁”のチリに勝利!【コパ・アメリカ】
いよいよ決勝を迎えるコパ・アメリカ。格下ペルーが王国ブラジルに“大番狂わせ”を起こす!?
「男子は股間を掴んだりしてるじゃない!」女子アメリカ代表のエース、自身のゴールパフォ批判に猛反論
「もしも、勝ったらキスを!」コパ・アメリカ決勝進出のペルーを奮起させたのは美人女優との“本気の約束”?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いざアジア王者へ!
    5月10日発売
    悲願のACL初制覇へ
    横浜F・マリノス
    充実企画で
    強さの秘密を徹底解剖
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト シーズンラストの決定版
    5月16日発売
    2023-2024シーズン
    欧州5大リーグ
    BEST PLAYER
    元選手・識者たちが徹底討論!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ