「ブラジルが勝つために審判がいる」「汚職のせい…」疑惑の退場にブチ切れたメッシが表彰式をボイコット!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年07月07日

「決勝はペルーがまともに戦えることを祈ってる」と皮肉

メデルとのいざこざで退場を命じられたメッシ。レフェリングに対する不満が爆発した。 (C) Getty Images

画像を見る

 アルゼンチン代表の10番、リオネル・メッシが怒りをぶちまけた。

 現地時間7月6日に行なわれたコパ・アメリカの3位決定戦で、アルゼンチンはチリを2-1で撃破。1989年のブラジル大会以来となる3位入りを果たした。

 12分にセルヒオ・アグエロの先制ゴールで幸先の良いスタートを切り、22分に今大会初スタメンを飾ったパウロ・ディバラの追加点で突き放したアルゼンチンは、59分にVAR判定の末に下されたPKをアルトゥーロ・ビダルに決められてチリに詰め寄られたものの、何とか逃げ切ってみせた。

 しかし、この試合で最も話題となったのは、メッシのキャリア2度目となる一発退場だった。

 37分、ゴールライン際でボールを競り合ったメッシと、チリのDFガリー・メデルが睨み合い、お互いに2、3度身体をぶつけ合う。すると、それほど激しいやり合いではなかったものの、マリオ・ディアス・デ・ビバール主審は、両者になんとレッドカードを提示。両軍ベンチが飛び出す事態となり、VAR検証も行なわれたが、ジャッジが覆ることはなかったのだ。

“当事者”となったメッシは、試合後に行なわれた3位の表彰式をボイコットし、銅メダルの受け取りを拒否。さらに母国メディア『Tyc Sports』のフラッシュインタビューで、「僕らは汚職の一部になる必要がない」と怒りをぶちまけた。

「イエローカードで全てが済んでいたことだと思う。退場になったシーンは見直すこともできたはずだけど、VARがまともに使用されなかった可能性がある。僕はいつだって正直に話しているし、今も冷静に語っているよ。もしも、南米サッカー連盟が望むなら真実を話す」

 準決勝のブラジル戦後にもレフェリングに対して、「腹が立つ」と声を荒げたメッシは、表彰式に参加しなかった意図を次のように説明している。

「このコパ・アメリカは、明らかに僕らに対するリスペクトが欠如している。僕らはよくやったと思うけど、汚職とレフェリーは人々がフットボールに参加することを許さなかった。だから、そんな汚職に、僕らが関わる必要性はないと思ったんだ」

 そして、メッシは最後に“炎上”覚悟で、こうも言い放っている。

「ブラジル戦も、今日の試合も最高の出来だったと思う。でも、レフェリーによる汚職が台無しにしたんだ。決勝ではVARやジャッジが影響を及ぼさずにペルーがまともに戦えることを祈っているよ。きっと難しいだろうけどね。残念なことに審判たちはブラジルのために動いているし、この大会はブラジルがチャンピオンになることが決まっているようなものさ」

 辛辣な言葉を堂々と口にしたメッシ。このスーパースターの発言は、しばらく波紋を広げそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ