【日本代表】中島翔哉と堂安律の違い。同じシャドーのポジションで見えたのは…

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年06月06日

万能性が光った堂安

A代表では初めて3-4-2-1システムを採用した森保監督。中島や堂安の能力をさらに引き出せるか。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 一方で、周囲に合わせてプレーを柔軟に変える万能性が光ったのが堂安だった。堂安もパワフルかつテクニカルなドリブルが持ち味ではあるが、この日は、状況に応じて使い分けていた印象だ。
 
 酒井宏樹、大迫勇也と巧みにポジションを替えながらパスワークで崩す時もあれば、時にDFの背後を突いて、中島のクロスや柴崎岳のパスからシュートチャンスを生み出していった。状況に応じて様々なプレーを選択し、攻撃をスムーズにしようと試みていた。
 
 中島のクロスにヘディングで合わせた7分や、柴崎からの浮き球のスルーパスを引き出した28分のシーンは、特に抜け出しの鋭さが光った印象的な場面だろう。
 
 実際に堂安は、局面を崩してクロスを供給する中島との関係性を意識していたという。「翔哉君は打開ができるので、僕はゴール前に入ることを意識していました。背後に抜けるシーンがありましたけど、ああいうシーンは増やしていかないとなと。クロスにはもっと入っていかないと」と試合後に振り返っている。
 
 森保体制では、もはや欠かせない存在になっているふたりの特長が浮き彫りになったという意味では、トリニダード・トバゴ戦の新システム導入の試みは実に興味深かった。ただし、忘れてはいけないのは、いずれも無得点でチームを勝利に導けていない事実だ。システムに捉われず、さらに連係を深めて攻撃を牽引してほしいものだ。
 
取材・文●多田哲平(サッカーダイジェスト編集部)

【日本代表PHOTO】トリニダード・トバゴ戦を彩った「美女サポーター」たち

【日本代表PHOTO】日本0-0トリニダード・トバゴ |令和初戦は無念のスコアレスドロー。再三の決定機を決め切れず…

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ