【日本代表】中島翔哉と堂安律の違い。同じシャドーのポジションで見えたのは…

カテゴリ:日本代表

多田哲平(サッカーダイジェスト)

2019年06月06日

専門的だった中島

中島(右)と堂安(左)はともにシャドーで先発。いずれも71分までプレーし、攻撃を引っ張った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[キリンチャレンジカップ]日本0-0トリニダード・トバゴ/6月5日/豊田スタジアム
 
 日本代表は6月5日、キリンチャレンジカップでトリニダード・トバゴと対戦。FIFAランク93位の格下からゴールを奪えず、スコアレスドローに終わった(日本のFIFAランキングは26位)。
 
 日本はこの試合で、森保体制下で初めて3-4-2-1システムを導入する。従来の4-4-2以外のオプション作りに着手したのだ。新布陣のシャドーのポジションで先発したのが、4-4-2ではサイドハーフを務めていた中島翔哉と堂安律のふたりだった。
 
 同じシャドーのポジションを任され、ともに71分までプレーしたふたりのキャラクターは対照的で、はっきりと分かれていた。
 
 より専門的だったのが中島だ。ひとたびボールを持てば、切れ味鋭いドリブルを度々披露して、トリニダード・トバゴの守備陣を翻弄。十八番のカットインからクロスやシュートを繰り出し、何度もチャンスを演出した。
 
 34分の一瞬でDFを振り切って打ったシュートや前半アディショナルタイムの痛烈なミドルシュートなど、前半だけで5本のシュートを放った。前後半合わせて、両チームトップの7本も記録できたのは、とりわけ強力なドリブルという武器があったからだろう。ある意味エゴイスティックなプレーで攻撃を活性化していた。
 
 特にインパクトが大きかったのが41分のカウンター。堂安からのクリアボールを左サイドのタッチライン際で拾うと、素早い反転で詰めてきたDFをかわして一気にゴール前まで駆け上がったシーンだ。最後はエリアに侵入する前にファウルで止められたものの、ドリブルという最大の特長を活かし、数秒で会場を沸かしてみせた。
 
 システムが変わってもドリブルをベースとしたプレーは変わらない。そうした自分のスタイルを貫く中島の姿勢は、「もちろんポジションによって違いはありますけど、基本的な考え方は変わりません。どんどんチャレンジして、怖がらずにいければなと思います」というコメントからも窺える。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ