【釜本邦茂】あれだけのチャンスを作って0点…大迫はもっとエゴイストになっていい!

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月06日

攻撃陣はもっと大迫中心でいい。3バックは評価が難しいか

森保ジャパンでは初めての3バック採用。昌子が中央でラインを操作した。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 さらに攻撃面で言えば、アジアカップ以来の出場となった大迫のパフォーマンスもちょっと気になった。彼はブンデスリーガの名門クラブでレギュラーを張る選手なんだよね? その割にはトップの選手として存在感が薄いんじゃないかな。私は、攻撃陣がもっと大迫を中心に回っていてもおかしくないと思っている。
 
 でもトリニダード・トバゴ戦の彼を見ると、全体の中のひとつの駒として収まっている感じだ。チームを引っ張っていくうえでも、もっと大迫の方からアクションを起こして周囲との関係を作っていってもいいんじゃないか。もちろん、FWはゴールという結果で判断されることが多いのだから、もっとエゴイストに要求することがあっても良いと思う。
 
 一方で、森保体制で初めて3バックを採用したディフェンス面では、ほとんど問題がないようには見えたけど、この日の相手では正直、評価が難しいところだ。相手はカウンターしか攻め手がなかったけど、これがもっとハイレベルな相手と対戦して押し込まれた時にどうなるか。
 
 まあ、いずれにしてもあれだけチャンスがあった試合をきっちり勝利で終えられないようでは、攻守両面でまだまだ甘さがあるということだろうね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月12日号
    11月28日発売
    2019冬の移籍マーケット
    番記者が推奨する
    J1&J2全40クラブ
    「補強3か条」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月5日発売
    ビッグネーム移籍
    「噂の真相」
    EURO2020最速ガイドに
    特製カレンダーも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.29
    12月11日発売
    「2019選手権名鑑」
    男子出場48校・1437選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場32校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ