【岩政大樹】誰もが感じた「消化不良」感の正体と、それでも動かなかった森保監督の狙い

カテゴリ:日本代表

岩政大樹

2019年06月06日

森保ジャパンは第二段階に突入した

 こうなると、正直、評価できるものは多くありません。
 
 トリニダード・トバゴのウイングはほとんどサイドに蓋をしに戻ることはしませんでした。だから、長友選手と酒井選手の両ウイングバックにはスタート位置をもう5メートルほど高くして、縦ではなく斜めのランニングを求めたいところでしたが、どうだったのか。
 
 ウイングバックが少し低めの位置を取るなら、シャドーの中島選手、堂安選手にサイドバックとセンターバックの間をもっと回数多く取りに行かせたいところでしたが、どうだったのか。
 
 ウイングバック一枚でサイドをえぐることができないなら、ボランチにリスク管理を任せてセンターバックの攻撃参加で攻撃に厚みをもたせたいところでしたが、どうだったのか。
 
 大迫選手との絡みのなかで、相手ディフェンスラインを突破する絵を描きたいなら、バイタルエリアで人が少なくなってしまう現象を解消したいところでしたが、どうだったのか。
 
 5バックの状態で守備に入る場面ばかりでしたが、もっとアグレッシブにボールを奪いに行く形を試してもいい相手だったと思いましたが、どうだったのか。
 

 これらの具体的なものはすべて、この試合だけでは評価できませんでした。
 
 良かったのは、とにかく3バックで1試合戦えたこと。そして、様々な組み合わせを実際に試して、森保監督も選手たちもイメージが想像だけではなくなったことでしょう。
 
 この試合を経て、次戦のエルサルバドル戦、コパ・アメリカ、そしてその後に続いていく森保ジャパンの積み上げがどのように為されていくのか、俄然楽しみになりました。
 
 森保ジャパンは第二段階に突入。これからは、きっとシステムも戦い方も様々な試みが見られていくはずです。そんな時にも、そんな時だからこそ、勝利の執着心やゴールへの飢餓感を見せつけて戦って欲しい。そう感じたトリニダード・トバゴ戦でした。日本を代表した限られた人にしか立つことを許されない舞台ですからね。
 
【著者プロフィール】
岩政大樹(いわまさ・だいき)/1982年1月30日、山口県出身。鹿島で不動のCBとし2007年から前人未踏のJ1リーグ3連覇を達成。2010年の南アフリカW杯メンバーにも選出された。現在は解説者として活躍中。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月27日号
    8月12日発売
    2020年シーズン序盤戦総括
    J1&J2&J3
    全1704選手の「通信簿」
    川崎フロンターレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ