金田喜稔が森保ジャパンを斬る!「新システムは攻撃の形が見えてこない。久保はなぜベンチから外したの?」

カテゴリ:連載・コラム

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年06月06日

ミスを恐れてプレーが消極的に

新システムが機能しなかった森保ジャパン。1トップの大迫も孤立する場面が少なくなかった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 コパ・アメリカは東京五輪のメンバーが主体となるから、このトリニダード・トバコ戦と9日のエルサルバドル戦は、9月から始めるワールカップ予選に向けたテストマッチという意味合いが強い。その割には選手たちに緊張感がなく、ポジションを奪ってやるというような強い気持ちも感じられなかった。

 トリニダード・トバコは強豪とは言えないし、後半に足がつっている選手がいたように、コンディションが良くないのも明らかだった。その相手に、ホームで1点も奪えずに勝てなかったのは課題だよね。

 森保監督は、就任後はじめて3バックを採用し、サンフレッチェ時代に愛用していた3-4-2-1で臨んだ。準備期間も少なかったんだろうけど、選手たちはポジショニングを気にしすぎて、ミスを恐れてプレーが消極的になっているように感じられた。攻撃陣にもいつもの躍動感が見られなかったよね。

 ピッチに送り出した後は、選手たちに任せるのが森保監督のスタイルのようだけど、今日みたいな試合では、ゲーム中にもう少し具体的な指示をするべきだと思う。

 とくに、この新システムでどう相手を崩していくのかという意図が見えなかった。これまでの4-2-3-1なら、1トップの大迫の後方に、堂安、南野、中島の3人を並べられた。だから、例えば右サイドで堂安がボールを持った時、大迫と南野、そして逆サイドの中島と、3人がエリア内に入っていけるんだよね。

 でも今日のシステムでは、単純に言えば、2列目をひとり削ってセンターバックを増やしているわけで、これまでと同じ攻撃の仕方だとエリア内に入り込む選手が少なくなってしまう。それで点を取るのはなかなか厳しいし、単調な攻めを繰り返している印象だった。
 
 ボールを圧倒的に支配しているんだから、攻撃の時に3バックを整えておく必要はない。センターバックのひとりが、もっと攻撃に加わる必要があったんじゃないかな。

 例えば、右センターバックの冨安がボールを持ち運んで、右ウイングバックの酒井はもっと高い位置を取る。逆に左センターバックの畠中が押し上げた時は、左ウイングバックの長友が高いポジションを取る。そうやって、攻撃にかける人数を増やす工夫が必要だった。

 それで、リスクがあるというんだったら、中盤の柴崎がもっとゴール前に顔を出すようにしないといけないよね。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ