【総体|新潟代表】北越が群雄割拠の地区予選を9年ぶりに突破!! 厳しい現実乗り越え、全国8強の壁に挑む!

カテゴリ:高校・ユース・その他

安藤隆人

2019年06月04日

昨年の選手権予選決勝で帝京長岡と対戦。経験値の少なかったチームは…

地区予選決勝では、日本文理に3対0で快勝。荒瀬監督のもとで力をつけてきたチームがついに県内強豪の壁を破った。写真:安藤隆人

画像を見る

 就任3年目のインハイ予選は準決勝で日本文理に1-3で破れ、昨年のインハイ予選は準決勝で帝京長岡に0-1の敗戦を喫した。そして、この年の選手権予選。準決勝で新潟明訓を2-1で下し、ついに荒瀬監督就任後初の決勝まで駒を進めたが、決勝では帝京長岡に1−4の完敗だった。荒瀬監督は当時をこう振り返る。
 
「僕が選手の時も選手権予選の決勝には行ったことがないし、(インハイは高校2年の時に大阪インハイ出場)、大学卒業後、桐蔭のスタッフを2年やった時も予選決勝まで行ったことがなかった。(決勝会場の)ビッグスワンに初めて立って、雰囲気がすごく独特で想像以上でした。選手も初めてだったし、僕自身も雰囲気に飲まれてやりたいサッカーを引き出してあげられなかった。特に先制した試合だったので、ゲーム展開的にもいい流れだったけど、オウンゴールで失点してから、そこで僕がちょっとチームを引き締めておけばよかったのに、選手の動揺を抑えきれなかった。そこから一気に崩れてしまった。ゲームの流れも含めて、監督の経験は積んでいたけど、緊迫した大舞台で指揮を執るのも初めてで、選手たちに申し訳ない思いだった」
 
 だが、初めての経験は荒瀬監督とチームに大きな財産をもたらした。
「今年はその経験を踏まえることが出来た。準々決勝の開志学園JSC戦が一番しんどくて、チーム全体の調子がまったく上がらないまま、0-0の延長戦までもつれ込んだ。なんとか延長後半にCKから先制して1-0で勝ったけど、いつやられてもおかしくなかった。でも、そこから僕も冷静になれた。準決勝の明訓戦はスタメン3人を入れ替えて、その内のFW五十嵐翔とCB棚橋怜央はこれまでAチームで一度もスタメンで使っていなかった選手でした。結果、五十嵐が先制して、棚橋もしっかりと守ってリズムを作ってくれたし、開志戦でスタメンから外した左サイドバックの土田も、ギラギラした目をしていたのでスタメンに復帰させたら、3点目を決めてくれた。この勝利で流れに乗ることが出来た」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ