【連載・東京2020】遠藤渓太/後編「ふたりの外国人監督の下で掴んだ手応えと東京五輪への想い」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2019年06月17日

最近は落ち込んでも切り替えられるようになった

昨季から横浜を指揮するポステコグルー監督の下でも出場機会を得ている。「楽しい」と手応えを語る。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

――プロ1年目の時はエリク・モンバエルツ監督の下でプレーしていました。信頼を得るためにやっていたことは?
「ドリブルでの仕掛けや、裏に抜け出しが好きな監督だったので、そこはかなり意識していました。そこは自分の持ち味だったし、監督からも買ってもらっていたので。そこは存分に出さないとなと」
 
――スタイルが合うから、気持ちよくプレーできたのでは?
「面白かったです。たまにサイドバックで出たりもしましたけどね」
 
――サイドバックはその時が初めて?
「そうです。でも僕がサイドバックに入るのはビハインドの時だったので、あまり守備的ではなく、どんどん後方から裏に抜けていくような役割でした。なので、そんなに苦労はしなかったです」
 
――とはいえ、プレーの幅は広がったのでは?
「それもあるし、サイドハーフよりも見える範囲が広く、割と余裕を持ってボールを持てるポジションだったので、プロの空気感に慣れるためにはちょうどよかったかもしれません」
 
――昨年からはアンジェ・ポステコグルー監督の下で、よりポゼッションを重視するサッカーに取り組んでいます。やり甲斐は?
「楽しいです。スタイルがすべてではないけど、うちみたいな連動して攻めるサッカーをするチームは相手からしたら嫌なはずだし、監督もよく『自分たちのサッカーをすれば負けるわけがない』と言っています。しかも徐々に昨年以上に守備は安定してきています。シーズンを通して波があるのは当然だけど、その波をさらに小さくするのが今の課題です」
 
――チームとしてだけでなく、選手個々のパフォーマンスにも少なからず波はあるものです。調子が上がらない時は、どう切り替えていますか?
「もちろん、しっかりと調整して向かうのが僕らの仕事だけど、毎試合理想どおりにはいきません。僕は波に乗れない時は、攻撃で貢献できない分、今日は守備を頑張ろう、って考えるようにしています」
 
――あまり引きずらない?
「パフォーマンスが悪い時は、そりゃ落ち込みますよ。今季リーグ戦で初めて先発した名古屋戦で、開始10分でPKを与えてしまって……あれはさすがに堪えましたね。もっと考えてプレーしなきゃいけないなって。でも自分のプレーだけでチームの勝敗が決まるわけでもない。そういう時もある、次は頑張ろうって切り替えたほうが良いなと最近そう思うようになりました」
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト3月12日号
    2月27日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    「最新序列」
    開幕戦で見せた全容は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ