【連載・東京2020】遠藤渓太/中編「”幼馴染でありライバル”の存在が刺激になった」

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2019年06月10日

松橋監督の下で人としても成長したユース時代

キャリアで最も影響を受けたのが松橋監督(現・トップチームコーチ)。今もよく話すという。(C)J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

――当時ユースの監督だった松橋力蔵さん(現トップチームコーチ)からは、何を学んだ?
「リキさん(松橋監督)は、どれだけ能力があっても、気が抜けていたり、集中していなかったりする選手は使わないから、チームに正当な競争が生まれていたんです。自分もしっかりやらないとメンバーから外される。そういう危機感を持ちながらやれたから精神的にも鍛えられました」
 
――実際にメンバーから外されたことは?
「ないです。結構真面目にやっていたんですよ。僕個人では怒られたこともあまりないです。実は(和田)昌士(編集部・注/現秋田のMF。遠藤とは小学生時代からのチームメイトで横浜のトップチームにはともに昇格を果たした)はよく怒られていて。たぶんあいつは怒られて伸びるタイプだったから。そういうのを分かっていたんじゃないですかね、監督も」
 
――怖い監督でしたか?
「はい。気持ちの入っていないゲームをしてしまった時には、やっぱりかなり怒られるし、怖かったですね」
 
――今まで一番影響を受けた監督は?
「やっぱりリキさん(松橋監督)ですね。あの人が担当していた頃のマリノスユースって強いし、日本一に何度も輝いている。それってなかなか簡単ではないし、やっぱり凄いなって」
 
――指導を受けている時に感じた凄みは?
「選手一人ひとりの性格を事細かに理解していて、それを踏まえて起用するタイミングを決めているんですよね。『この選手は今使えば奮起してくれるだろう』とか、そういうのをすごく分かっていた。人を見る力がすごくあるっていうか」
 
――選手によって指導法を変えていると。
「今も結構話す機会が多いんですけど、そう言っていました。上級生と混ざって練習している時に、納得いかないことがあってボソッと愚痴を言う選手っているじゃないですか。リキさんいわく、そういう選手は上に大成するらしいです。僕も言われました。『お前も隠れてでグチグチ言っていたからな。でもそういう選手が上にいくんだよ』って」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ