大迫勇也はコパ不参加も、6月代表戦に招集か? ブレーメン現地紙は嘆き「これは当てつけか?」「休みがまた減らされる」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2019年05月15日

本人が「”シーズン”は6月まで続く」と発言と現地紙

指揮官のコーフェルトは大迫を高く評価している。五輪に対しても水面下で交渉が続いているのだろうか。 (C)Getty Images

画像を見る

 そして、記事ではブレーメン側はこうも考えていると綴られている。

「だが、あちらには2月に彼がプレーできない状態で戻ってきたことの“前科”がある。親善試合にはJFAに招集する権利があるとはいえ、これは我々がコパ派遣を拒否したことに対する当てつけではないかという疑いは拭えない」

 また、ホッフェンハイム戦後に大迫自身が「僕にとってのシーズンは代表戦のある6月まで続く」とコメントしたとも紹介した。

 この状況を受けて、同紙クリスティアン・サンダー記者は、大迫が今回の件のみならず、2020年に開催される東京五輪にオーバーエイジ枠として出場する構想があることに関して、このように嘆いた。

「日本は2020年に東京五輪を控えている。五輪代表チームスタッフの関塚隆は『コパ・アメリカ』をその準備のために役立てたいと発言した。なのに(同大会に参加しない大迫に対して)6月の親善試合の頭数に入れた。こんな奇妙な状態が、いつまで続くのだろう」

 JFAとブレーメンの関係は、今後も緊張が続きそうだ。

構成●サッカーダイジェストWeb編集部

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月13日号
    1月23日発売
    2020年版
    J1&J2リーグ
    戦力充実度ランキング
    最新移籍情報を網羅!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ