【名古屋】ようやく得た先発のチャンスに猛アピール。前田直輝が立った新たなスタートライン

カテゴリ:Jリーグ

本田健介(サッカーダイジェスト)

2019年04月29日

風間監督も期待を寄せる

ヒーローインタビューに答える前田。さらなる成長を誓った。写真:金子拓弥(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

「ルヴァンを4日前にやっているとかは言い訳にできないので走りました」と振り返るが、疲れもあったのだろう、56分には交代となった。しかし確かなアピールには成功したと言える。
 
「スタートラインに立てたという意味では良い試合だったんだと思います」。自らも手応えを語った。
 
 そんな前田に対して風間八宏監督も「彼はモノを考えすぎてしまう部分があると思います。ただ彼の良さは誰でも分かっています。スピードがあり、プレーの選択肢も多く、ボールも持てます。だからもっと自信を持ってやれば良い。今日のゴールでまた自信を持ったプレーを出してくれればと思います」と期待を寄せる。
 
 中盤をボックス型にした4-4-2を基本布陣とする今季の名古屋では、サイドハーフのレギュラー争いは熾烈だ。ガブリエル・シャビエル、和泉竜司が継続して先発起用されており、成長著しい相馬勇紀も控える。また昨季は何度か務めた2トップでのジョーの相棒の座も長谷川や赤﨑秀平と争うことになる。
 
 ただこうした厳しい競争こそが前田の成長にはつながるはずだ。昨年にインタビューをさせてもらった時には、ライバルの名を口にしながらこう目標を話していた。
 
「(中島)翔哉とは小学生の頃からずっと一緒にやってきましたし、刺激は受けています。やっぱり日の丸は目指したいので。ただ日本代表に選ばれるためには、まだひと山もふた山も越えなければいけないと分かっています。だから今やるべきことをやりたいです」
 
 遅ればせながら新たなスタートを切ったアタッカーには、これからも大きな山や谷が待ち受けているだろう。それでもその試練を越えていけるポテンシャルはある。チーム内での競争に勝ち、昨季を越えるような爆発的な活躍を見せた時に新たな扉は開かれるだろう。
 
取材・文●本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【名古屋 1-0 広島 PHOTO】堅守広島のゴールを前田が抉じ開ける!上位直接対決を制した名古屋が堂々2位浮上!!

【名古屋グランパスPHOTO】上位対決を制し、笑顔溢れるグランパスイレブン!!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 7月9日号
    6月23日発売
    Jリーガー200名が選ぶ
    「天才番付」
    Jリーグ再開ガイドに
    高校サッカー逸材図鑑も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月18日発売
    欧州3大リーグ
    再開完全ガイド
    全60クラブの
    最新FO&キーマンを網羅
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ